元デルタ隊員 Larry Vickers 氏が手掛けた「アルファ・クローンAK」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
元・米陸軍特殊部隊デルタフォース隊員、ラリー・ヴィッカーズ (Larry Vickers) 氏が主宰 Vickers Tactical の公式 YouTube チャンネルに、「Alpha inspired AK47」と題した映像が公開された。ラリー氏は以前にロシア連邦保安庁 特殊任務センター所属のアルファと交流している。

関連記事:
元デルタ Larry Vickers 氏「ロシア スペツナヅ コンペ」紹介映像を公開
ラリー・ヴィッカーズ TAC-TV、ロシアカウンターテロ訓練のインセインな映像

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    実際に彼らと話し一緒に射撃することで、アルファ隊員が用いていたAKに触発されたようである。このことが切欠になりラリー氏は自身の経験を基にし、アルファ隊員のアレンジを参考にした「アルファ・クローンAK」を作成した。

    全世界の特殊部隊の基準となった突撃銃であるM4カービンに使用されている可変ストック化すべくバッファーチューブに換装、ハンドガードをレール化、フォアグリップ、レーザーサイト装着、そして銃への塗装等などアルファ隊員が用いていたAKに近く自身の射撃スタイルに合うAKを作成した。

    動画がとてもはっきりと細部も映し出されているので、エアガンでも再現可能な資料として貴重である。興味がある人は同じようなAKを作成してもよいだろう。

    Text: WT83 - FM201507

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
    IWI社 装弾数最大16発のブルパップ式のセミオートショットガン「タボールTS12」を発表
    マグプル社 レミントンM700用シャーシ「Pro 700 Rifle Chassis」を発表
    ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス
    ハデハデなレバーアクション・ショットガン「Adler A-110 Aluminum」
    中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)
     IWI社 装弾数最大16発のブルパップ式のセミオートショットガン「タボールTS12」を発表 (2018-01-19 17:40)
     マグプル社 レミントンM700用シャーシ「Pro 700 Rifle Chassis」を発表 (2018-01-19 17:18)
     ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス (2018-01-19 16:40)
     ハデハデなレバーアクション・ショットガン「Adler A-110 Aluminum」 (2018-01-18 19:56)
     中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される (2018-01-18 19:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop