NEWS

78 歳のドイツ人コレクター宅の地下倉庫からナチスドイツ時代のパンター戦車を発見、警察が強制捜査で押収

海外軍事
第二次大戦下のナチス・ドイツの戦車や高射砲などが、ドイツ北部のハイケンドルフにある邸宅の地下倉庫で発見、警察の強制捜査により押収された。

これは、今年初めに盗まれた、ナチスの美術品を捜索する際に見つけたもので、今回の捜査で押収されたのは、V 号戦車パンター (Panzerkampfwagen V Panther tank) や 88mm 対空高射砲、魚雷などが伝えられている。なお、所有者は 78 歳、年金受給のコレクターで、ご近所ではこれらのコレクションは周知の事実だったとされる。

関連記事:
ナチス 97歳の最重要戦犯がハンガリーで発見

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    所有者宅の地下倉庫に眠っていた戦車は、45 トンにも及ぶ巨漢であるため押収作業は難航。陸軍の工兵など 20 名の兵士が召集され、作業は 9 時間にも及んでいる。

    ドイツでは、軍装備の管理に関する法律が厳しく定められており、検察は所有者のこれらコレクションが法律 (Germany's War Weapons Control Act) に抵触するかを調査するとしている。一方の所有者の弁護士は「コレクションはもはや武器として機能していない」と主張しているとのこと。

    パンター戦車は、ソビエト T-34、KV-1 戦車と対抗する為、第二次大戦下に設計された戦車で、その主砲にはラインメタル・ボルジッヒ (Rheinmetall-Borsig) の 75mm 砲が搭載されていた。6,000 輌以上が製造されたが、その内の僅かに 50 輌ほどが博物館などで保管されていると考えられている。

    The Local 2015/07/02

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop