NEWS

元・デルタのラリー・ヴィッカーズ氏、ロシアのクビンカ戦車博物館をレポート

海外軍事
元・米陸軍特殊部隊デルタフォース隊員、ラリー・ヴィッカーズ (Larry Vickers) 氏が主宰する Vickers Tactical の公式 YouTube チャンネルに、「Kubinka Tank Museum - German Pavilion」「Kubinka Tank Museum - Russian Tanks」と題した、クビンカ戦車博物館を訪問した際の動画が公開された。

「Kubinka Tank Museum - German Pavilion」

「Kubinka Tank Museum - Russian Tanks」
クビンカ戦車博物館はモスクワ郊外にある戦車・装甲車輌の博物館である。世界中から集めた300両以上の戦車・装甲車が展示されており、世界中でここにしかない車両も多いことで有名である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    動画ではナチス・ドイツが開発し、その後の戦史に多大なる影響を与えたティーガーⅠやその後継戦車 ティーガーⅡ、そして大戦末期に開発された超重戦車マウスが展示されており、見る者を圧倒させる。ソ連戦車では傑作戦車と言われたT-34や大戦後のソ連戦車を見学でき、世界中の戦車が展示されていることから、戦車の開発歴史が解る素晴らしい博物館である。

    なお現在クビンカ戦車博物館は2014年の国防省令により、軍事愛国公園「パトリオート」として改称されている、単なる戦車博物館ではなく一大テーマパークへと変貌を遂げつつある。

    関連記事:
    既に 450 億円以上の資金を投入、ロシア版「ミリタリー・ディズニーランド」の建設が進む

    Text: WT83 - FM201507

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop