NEWS

元・デルタのラリー・ヴィッカーズ氏、ロシアのクビンカ戦車博物館をレポート

海外軍事
元・米陸軍特殊部隊デルタフォース隊員、ラリー・ヴィッカーズ (Larry Vickers) 氏が主宰する Vickers Tactical の公式 YouTube チャンネルに、「Kubinka Tank Museum - German Pavilion」「Kubinka Tank Museum - Russian Tanks」と題した、クビンカ戦車博物館を訪問した際の動画が公開された。

「Kubinka Tank Museum - German Pavilion」

「Kubinka Tank Museum - Russian Tanks」
クビンカ戦車博物館はモスクワ郊外にある戦車・装甲車輌の博物館である。世界中から集めた300両以上の戦車・装甲車が展示されており、世界中でここにしかない車両も多いことで有名である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    動画ではナチス・ドイツが開発し、その後の戦史に多大なる影響を与えたティーガーⅠやその後継戦車 ティーガーⅡ、そして大戦末期に開発された超重戦車マウスが展示されており、見る者を圧倒させる。ソ連戦車では傑作戦車と言われたT-34や大戦後のソ連戦車を見学でき、世界中の戦車が展示されていることから、戦車の開発歴史が解る素晴らしい博物館である。

    なお現在クビンカ戦車博物館は2014年の国防省令により、軍事愛国公園「パトリオート」として改称されている、単なる戦車博物館ではなく一大テーマパークへと変貌を遂げつつある。

    関連記事:
    既に 450 億円以上の資金を投入、ロシア版「ミリタリー・ディズニーランド」の建設が進む

    Text: WT83 - FM201507

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop