NEWS

NATO、「即応性行動計画 (RAP) 」を紹介するティーザー映像公開

海外軍事
NATO (OTAN) 公式 YouTube チャンネルで、「即応性行動計画 (RAP: Readiness Action Plan) 」を紹介するティーザー映像が公開された。

RAP は、昨年ウェールズで開催された NATO サミットの席で合意に至った、安全保障面での即応体制の構築を示したもので、冷戦の終結以来、NATO の集団防衛において最も重要な強化策と位置付けられている。ロシアによるクリミア併合と、その後におこなわれたウクライナ東部への介入が背景にある。

関連記事:
NATO 高度即応統合任務部隊 (VJTF) の「Noble Jump 2015」演習に参加するポーランド特殊部隊
映像には様々な演習が収録されており、テロリストが隠れる建屋を襲撃する、ポーランドでおこなわれた「Noble Jump 2015」のシーンや、上陸作戦を想定したスウェーデンの「Baltops」の映像などは迫力があり、見所の多いものとなっている。この他にも、エストニアの「Exercise Siil」、ラトビアの「Saber Strike」の様子も収録されている。

ポーランド公共テレビ局、TVP SA (Telewizja Polska SA) の主要チャンネル TVP1 では Noble Jump 2015 のハイライトシーンが公開中。映像 6 分 17 秒から 11 分 50 秒に掛けて収録されているシーンは、ミリブロ読者にとって注目だ。
RAP で新たに構成されるタスクフォースは、「NATO 即応部隊 (NRF) 」の一部を強化することで対応したもので、その「先遣部隊 (Spearhead Forces) 」には 5,000 名程が想定されており、48 時間以内に現場へ急行することが求められている。

NATO 2015/07/01

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊が高速艇+潜水艇の特徴を併せ持ったハイブリッド艇「ハイパーサブ」の取得に関心か (2017-04-27 13:17)
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop