NEWS

NATO、「即応性行動計画 (RAP) 」を紹介するティーザー映像公開

海外軍事
NATO (OTAN) 公式 YouTube チャンネルで、「即応性行動計画 (RAP: Readiness Action Plan) 」を紹介するティーザー映像が公開された。

RAP は、昨年ウェールズで開催された NATO サミットの席で合意に至った、安全保障面での即応体制の構築を示したもので、冷戦の終結以来、NATO の集団防衛において最も重要な強化策と位置付けられている。ロシアによるクリミア併合と、その後におこなわれたウクライナ東部への介入が背景にある。

関連記事:
NATO 高度即応統合任務部隊 (VJTF) の「Noble Jump 2015」演習に参加するポーランド特殊部隊

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像には様々な演習が収録されており、テロリストが隠れる建屋を襲撃する、ポーランドでおこなわれた「Noble Jump 2015」のシーンや、上陸作戦を想定したスウェーデンの「Baltops」の映像などは迫力があり、見所の多いものとなっている。この他にも、エストニアの「Exercise Siil」、ラトビアの「Saber Strike」の様子も収録されている。

    ポーランド公共テレビ局、TVP SA (Telewizja Polska SA) の主要チャンネル TVP1 では Noble Jump 2015 のハイライトシーンが公開中。映像 6 分 17 秒から 11 分 50 秒に掛けて収録されているシーンは、ミリブロ読者にとって注目だ。
    RAP で新たに構成されるタスクフォースは、「NATO 即応部隊 (NRF) 」の一部を強化することで対応したもので、その「先遣部隊 (Spearhead Forces) 」には 5,000 名程が想定されており、48 時間以内に現場へ急行することが求められている。

    NATO 2015/07/01

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop