NEWS

デルタフォース出撃作戦で押収された考古学上の文化財 500 点がイラクへ返却

海外軍事
今年 5 月におこなわれた米陸軍特殊部隊デルタフォースの出撃による、IS (ISIS, イスラム国) 幹部を狙った襲撃作戦の際に押収された、考古学上で貴重な文化財およそ 500 点が、バグダッドの国立博物館に戻された。

関連記事:
ステルスブラックホークを投入?米陸軍特殊部隊デルタフォースによる IS 幹部夜間襲撃作戦が成功
2003 年におこなわれた米軍によるイラク侵攻時に行方が分からなくなっていたこれら文化財は、古代アッシリアの重要な考古遺跡である、イラク北部ニーナワー県のニムルド (Nimrud) で使われていたものが含まれている。

作戦のターゲットとなっていたアブ・サヤフ (Abu Sayyaf) 容疑者は、IS の主要な収入源である石油密売をはじめ財務部門を担当していた。

ABC News via AP 2015/07/15

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop