プロポと合体してデジカメに変身する、手の平サイズの RC ヘリコプターが新発売

ミリタリー模型・フィギュア
トイラジコンの企画開発と製造・販売を手掛けるシー・シー・ピー (CCP Co., Ltd.) から、カメラ付き超小型ヘリコプター「ナノファルコンデジカム (Nano Falcon Digi Cam) 」が発売された。

2015 年おもちゃ大賞タイハーゲット部門を受賞したこの製品、最大の特徴は「カメラヘリモード」と、コントローラーにヘリを収納して通常撮影ができる「デジカメモード」の 2 種類に変形できる点にある。

関連記事:
米軍特殊部隊、手の平にスッポリ収まる超小型の偵察ドローンをテスト

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ヘリコプターは手の平に乗るほどの小さなもので、その操作範囲は約 15 メートル。本体に内蔵された充電式リチウムイオンポリマー電池を満充電することで、約 4 分の連続飛行を可能としている。

    記録媒体はマイクロ SD カードで 32 GB まで対応。写真は 30 万画素 VGA 640 x 480、動画は AVI 形式 30 万画素 VGA 640 x 480, 30fps での撮影を可能としている。

    公式サイト内では「7 月 17 日発売」とし、販売価格は 8,980 円とのこと。

    シー・シー・ピー社はバンダイが全額出資た企業で、今回のナノファルコンデジカム以外にも戦車や潜水艦、ヘリコプターといったラジコン製品のラインナップを抱えている。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
    香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
     香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop