NEWS

ロシア国営企業 Rostec が Izhmekh 社の株式 51% を民間投資家へ売却

海外軍事
ロシア国営企業 Rostec の取締役会で、武器製造企業 Izhmekh (イジェメック) 社の株式 51% を、ロシアを代表する大手企業トップで民間投資家に向け売却することが承認された。

売却先は、ロシア最大の列車製造企業であり機械製造事業を手掛ける Transmashholding (トランスマシュホールディング) で社長を務める Andrei Bokarev 氏や、鉱業会社の UMMC 社 (Ural Mining and Metallurgical Company) の社長 Iskander Makhmudov 氏、コンツェルン カラシニコフのゼネラルディレクター Alexei Krivoruchko 氏。
売却は Izhmekh 社の追加株式募集を介して実施される。

今回の売却によって、個人投資家らは 51% の株式を保有することとなり、残りの 49% を Rostec 社が保有を続ける。売却益は Izhmekh 社の大規模な近代化と金融救済に充てるとのこと。

Rostec 2015/07/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop