NEWS

ロシア国営企業 Rostec が Izhmekh 社の株式 51% を民間投資家へ売却

海外軍事
ロシア国営企業 Rostec の取締役会で、武器製造企業 Izhmekh (イジェメック) 社の株式 51% を、ロシアを代表する大手企業トップで民間投資家に向け売却することが承認された。

売却先は、ロシア最大の列車製造企業であり機械製造事業を手掛ける Transmashholding (トランスマシュホールディング) で社長を務める Andrei Bokarev 氏や、鉱業会社の UMMC 社 (Ural Mining and Metallurgical Company) の社長 Iskander Makhmudov 氏、コンツェルン カラシニコフのゼネラルディレクター Alexei Krivoruchko 氏。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    売却は Izhmekh 社の追加株式募集を介して実施される。

    今回の売却によって、個人投資家らは 51% の株式を保有することとなり、残りの 49% を Rostec 社が保有を続ける。売却益は Izhmekh 社の大規模な近代化と金融救済に充てるとのこと。

    Rostec 2015/07/09

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop