NEWS

ロシア国営企業 Rostec が Izhmekh 社の株式 51% を民間投資家へ売却

海外軍事 Comments(0)
ロシア国営企業 Rostec の取締役会で、武器製造企業 Izhmekh (イジェメック) 社の株式 51% を、ロシアを代表する大手企業トップで民間投資家に向け売却することが承認された。

売却先は、ロシア最大の列車製造企業であり機械製造事業を手掛ける Transmashholding (トランスマシュホールディング) で社長を務める Andrei Bokarev 氏や、鉱業会社の UMMC 社 (Ural Mining and Metallurgical Company) の社長 Iskander Makhmudov 氏、コンツェルン カラシニコフのゼネラルディレクター Alexei Krivoruchko 氏。
売却は Izhmekh 社の追加株式募集を介して実施される。

今回の売却によって、個人投資家らは 51% の株式を保有することとなり、残りの 49% を Rostec 社が保有を続ける。売却益は Izhmekh 社の大規模な近代化と金融救済に充てるとのこと。

Rostec 2015/07/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop