トム・クルーズ氏、映画「トップガン 2」の出演は CG では無く本物の戦闘機を使う事が条件

映画・テレビ

Photo : © 1986 Paramount Pictures. All rights reserved.
1986 年の大ヒット作、戦闘機アクション映画「トップガン」の続編企画について、出演の去就が注目されているトム・クルーズ氏が「CG では無く、本物の戦闘機を使う事」を条件に乗り気の姿勢を示している。

昨春に初報された「トップガン 2」の企画は、現在の空軍情勢を反映させ、主人公と無人戦闘機がバトルを繰り広げるような設定が構想されている。無人戦闘機が出現したことによって、有人機・パイロットの存在がもはや必要とされていないのか、というのが大筋のコンセプト。

関連記事:
映画「トップガン2」はトム・クルーズ vs 無人戦闘機の構想

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    度肝を抜く本物スタント!!トム・クルーズによる過激な超高速バイクアクションのメイキング映像解禁!ノースタント、ノーヘルメットで山道のカーブに車体を傾け疾走、敵のバイクによる体当たりなど過激なシーンを実際に撮影!驚愕の映像はこちら↓

    Posted by ミッション:インポッシブル on 2015年7月23日
    クルーズ氏と言えば、日本では 8 月 7 日 (金) に公開を控える「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」で、53 歳の年齢を感じさせないド派手な超高速バイクアクションをノースタント、ノーヘルメットでおこなったことや、空飛ぶ A-400 輸送機にしがみつく命知らずのスタントが話題となっている。

    トップガン 2 に関するインタビューでクルーズ氏は、「国防総省が許可を出してくれるなら、面白いことになる」とコメントを寄せている。

    The Guardian 2015/07/27

    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    台湾エアソフトメーカーSRUがSF映画「エリジウム」に触発された変換キット「SR HMA KIT」の予約販売を開始
    朝鮮戦争「仁川上陸作戦」を描く、韓国発の戦争映画『オペレーション・クロマイト』が9/23日本公開
    エジプトの若手監督が「アンチ
    デルタフォースのドローンパイロットとして作戦に従事したブレット・ヴェリコビッチ氏の回顧録が映画化
    1974年映画「狼よさらば」のリメイク作品、ブルース・ウィリス主演『Death Wish』
    ロシア軍全面協力。同国初のエイリアン地球侵略を描いたSFアクション映画『アトラクション 制圧』
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     台湾エアソフトメーカーSRUがSF映画「エリジウム」に触発された変換キット「SR HMA KIT」の予約販売を開始 (2017-09-19 19:47)
     朝鮮戦争「仁川上陸作戦」を描く、韓国発の戦争映画『オペレーション・クロマイト』が9/23日本公開 (2017-09-06 14:17)
     エジプトの若手監督が「アンチ "アメリカン・スナイパー"」の映画製作を企画。ムスタファ役俳優も出演 (2017-09-04 19:22)
     デルタフォースのドローンパイロットとして作戦に従事したブレット・ヴェリコビッチ氏の回顧録が映画化 (2017-08-25 19:36)
     1974年映画「狼よさらば」のリメイク作品、ブルース・ウィリス主演『Death Wish』 (2017-08-25 19:02)
     ロシア軍全面協力。同国初のエイリアン地球侵略を描いたSFアクション映画『アトラクション 制圧』 (2017-08-24 17:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop