NEWS

4 大陸から 13 ヶ国が参加、「戦車バイアスロン」世界大会がロシアで開催

海外軍事
ロシアをホストとする「リアル戦車道」こと「Tank Biathlon 2015」が、モスクワ近郊のアラビノ演習場で 8 月 1 日から 15 日を会期に開催。

ニカラグア、タジキスタンの 2 ヶ国を初出場メンバーに数え、4 大陸から 13 ヶ国が参加。(ニカラグアはロシアの T-72B 戦車の潜在的な購入先と考えられている)
参加各国は T-72 戦車を主体に 3 輌プラス予備 1 輌の計 4 輌を持ち込み本選に臨む。(中国は 96A 式戦車で出場)

参加国リスト:
アンゴラ、アルメニア、ベネズエラ、インド、カザフスタン、キルギスタン、中国、クエート、モンゴル、ニカラグア、ロシア、タジキスタン、セルビア
競技は個別競技の他、3 キロメートルのスプリント、追跡、リレー と言った 4 つのステージが用意される。各競技共に、車両コンディションをベストに保って臨むことも戦いの内にカウントされる。

ホスト国のロシアによると、今開催は過去の競技よりも複雑に用意されていることから、難易度が上がっているとのこと。各競技の模様は、無人航空機 (UAV) を使った空撮をはじめ、100 台程のカメラで撮影が予定されている。

RT 2015/08/01

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop