NEWS

4 大陸から 13 ヶ国が参加、「戦車バイアスロン」世界大会がロシアで開催

海外軍事
ロシアをホストとする「リアル戦車道」こと「Tank Biathlon 2015」が、モスクワ近郊のアラビノ演習場で 8 月 1 日から 15 日を会期に開催。

ニカラグア、タジキスタンの 2 ヶ国を初出場メンバーに数え、4 大陸から 13 ヶ国が参加。(ニカラグアはロシアの T-72B 戦車の潜在的な購入先と考えられている)
参加各国は T-72 戦車を主体に 3 輌プラス予備 1 輌の計 4 輌を持ち込み本選に臨む。(中国は 96A 式戦車で出場)

参加国リスト:
アンゴラ、アルメニア、ベネズエラ、インド、カザフスタン、キルギスタン、中国、クエート、モンゴル、ニカラグア、ロシア、タジキスタン、セルビア

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    競技は個別競技の他、3 キロメートルのスプリント、追跡、リレー と言った 4 つのステージが用意される。各競技共に、車両コンディションをベストに保って臨むことも戦いの内にカウントされる。

    ホスト国のロシアによると、今開催は過去の競技よりも複雑に用意されていることから、難易度が上がっているとのこと。各競技の模様は、無人航空機 (UAV) を使った空撮をはじめ、100 台程のカメラで撮影が予定されている。

    RT 2015/08/01

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop