NEWS

ロシア、多用途ロボット・プラットフォームを開発。軍用の武装戦闘バージョンも展開予定

海外軍事

URP-01G © opkrt.ru
ロシアで、戦場や北極圏、核・化学汚染された地域など、ヒトの立ち入りが難しい環境下で利用する多用途ロボット・プラットフォームの開発計画が進行中。

これは国営軍需企業 United Instrument Manufacturing Corporation (Rostec) 傘下の子会社である Systemprom Concern が手掛けるもので、URP-01G と名付けられている。

URP-01G は全長 3.5 メートル、全幅 2 メートル弱で、その重量は 7 トンに達する。およそ 2 トンのペイロードを持っており、最高速度毎時 40 キロメートルでの移動が可能。堅牢な造りによって、2 メートルの高さから落下しても操作を続けることができる。

Russia: Fearsome robot rolls into missile defense arsenal
陸軍ではこのロボット・プラットフォームを、重機関銃とグレネードランチャーで武装したものと、小型 UAV と共に偵察をおこなう 2 種類のバリエーション展開を図る予定。

関連記事:
ロシア遠隔操作ロボットによる市街地戦闘コンセプト映像

開発を手掛ける Systemprom Concern では、URP-01G を 2015 年末にも車両テストを始動させるとしている。

ドミトリー・ロゴージン露副首相によると、向こう 10 年におけるロシアの新たな武器計画の中で、ロボットの開発は最優先課題にあるとしている。

TASS 2015/07/30
RT 2015/08/02

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop