NEWS

進化する米陸軍の水中特殊作戦学校

海外軍事
アジア・太平洋地域でアメリカ軍のプレセンスが高まっている背景を受けて、戦闘潜水課程は、アッシュ・カーター国防長官が言う「未来の軍隊」戦略の支援を受けて、進化している。

進化の概要は、既存の訓練インフラを改良することであり、特に陸軍特殊部隊水中作戦課程の戦闘潜水資格などでは、20年前の訓練施設を逐次最新のものへ更新してゆく計画である。
U.S. Army photo by Sgt. Candace Le, 22nd Mobile Public Affairs Detachment (Left), U.S. Army photo by Mr. John G. Martinez (Right)
従来の訓練施設は、訓練単位が中隊規模であったのに対し、より実践的具体的な訓練を行うことができるようにするため、個人レベルでの訓練が行えるようにする。同時に同盟国の軍隊も使用できるように、多言語での指導も可能な教官の育成も図ってゆく。

DoD News 2015/07/06
Text: 友清仁 - FM201508

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop