NEWS

第 3 海兵遠征軍による「海兵隊のような射撃方法」映像シリーズ第1弾が公開

海外軍事
米海兵隊の第 3 海兵遠征軍 (3MEF: III Marine Expeditionary Force) による、M40 スナイパーライフルを使った狙撃解説を示す映像が公開された。

現役スカウト・スナイパー軍曹が解説する今回の映像では、射撃ポジションの確立から実射時のリコイルを吸収する基礎的な内容の他、M40A5 に取り付けられた Schmidt and Bender 製 PM II 3–12×50 スコープ (M8541 SSDS (Scout Sniper Day Scope) ) の各部紹介と風向きへの対応といった内容が収められている。

関連記事:
米海兵隊は何故、過去 14 年間で新しいスナイパーライフルを採用することが出来なかったのか

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「海兵隊のような射撃方法」と名付けられたこの映像シリーズは、タイトルに「Part.1」とあることからも、その続編の公開が予想される。回を重ねる毎により深い内容が紹介される可能性もあり、今後の展開に期待が集まるところ。

    III MEF Marines 2015/08/18

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop