10/1 全国公開、イーサン・ホーク主演映画「ドローン・オブ・ウォー」新予告映像が公開

映画・テレビ
米国本土から遠隔操作で海の向こうで暗躍するテロリストを空爆する―。
米軍無人戦闘機の実態と対テロ戦争の現実に踏み込んだ作品、イーサン・ホーク主演の映画「ドローン・オブ・ウォー」の新予告映像と新ビジュアルが解禁となった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    米軍の無人戦闘機ドローンの恐るべき実態と対テロ戦争の知られざる真実を暴く問題作『ドローン・オブ・ウォー』(原題:GOOD KILL)が、ブロードメディア・スタジオ配給にて、10月1日(木)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国順次公開いたします。

    2001年の9.11同時多発テロ以降、米国は無人機ドローンを対テロ戦争における画期的な兵器とし、戦争のあり方を根底から変えたと言われています。

    本作は、遠隔操作で空爆を行う現代戦争の恐ろしい実態と、アメリカ国内の“戦地”と“家庭”を行き来するドローン操縦士の異常な日常をリアルに映し出します。

    新ビジュアルではイーサン・ホーク演じるドローン操縦士、トミー・イーガンが、ターゲットのテロリストが潜むアフガニスタンの上空を飛ぶドローンがとらえる映像に厳しい表情を浮かべる姿が。

    これまで『プライベート・ライアン』『ハート・ロッカー』『アメリカン・スナイパー』など、戦場の臨場感を観客に体感させる戦争映画の傑作は数多くある。しかし、本作『ドローン・オブ・ウォー』には、戦場のシーンが一切無い。なぜなら、主人公のトミーはアメリカを一切出ない。エアコンの効いたコンテナが彼にとっての戦場なのだ。“昼”に何人もの人々をクリック1つで殺害し、“夜”にはマイホームで家族とディナーを楽しむ。そんな異常なミッション(戦争が日常化している)によりPTSD(心的外傷ストレス障害)に苦しめられる操縦士の悪夢のような運命を感じさせる内容に仕上がっている。

    また、新予告映像では、標的の近くに非戦闘員がいるにも関わらず攻撃を指示する上官に従って、ドローンコックピットから1万キロ以上離れた標的に次々と爆撃を行うトミー・イーガンの葛藤する姿が映し出されている。

    アンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークの『ガタカ』のコンビがドローン攻撃につきまとう人道的な問題に加え、報復を招く対テロ戦争の矛盾を鋭くえぐり出し、リアリズムに徹底した現代の戦争映画を完成させました。

    [ 無人戦闘機ドローン ] ――アメリカ本土から遠隔操作でテロリストを空爆する最新兵器
    :操縦士に危険が及ばない
    :ターゲットに気付かれずに攻撃可能
    :罪のない民間人を巻き添えにする問題点

    【ストーリー】
    アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐の赴任地はアジアでも中東でもない。ラスベガスの基地に設置されたコンテナ内で無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行している。クリックひとつでミサイルを発射する爆撃は、まるでゲームのように現実感が欠落しているのだ。

    一日の任務を終えると、車でラスベガスのきらびやかな歓楽街を通り抜けて、整然と区画された住宅街のマイホームへ帰り、美しい妻モリーとふたりの幼い子供との生活に舞い戻る。繰り返されるこの毎日がトミーの日常であり、異常な現代の戦争の姿だった・・・
    監督/脚本:アンドリュー・ニコル 『ガタカ』『TIME/タイム』
    製作:ニコラス・シャルティエ 『ハート・ロッカー』
    出演:イーサン・ホーク ブルース・グリーンウッド ゾーイ・クラヴィッツ ジャニュアリー・ジョーンズ
    2014年/アメリカ映画 /シネマスコープ/カラー/上映時間:104分/字幕翻訳:松浦美奈/ R15+
    提供:ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン 配給:ブロードメディア・スタジオ www.drone-of-war.com

    ドローンは、戦争の形を変える。
    イーサン・ホーク主演『ドローン・オブ・ウォー』
    http://www.drone-of-war.com/
    10 月 1 日 (木) TOHO シネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

    ©2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    サファリランドが元ST10のジェフ・リーブスを起用した、ストーリー仕立てのPV「OPERATION SHIFT」を公開
    映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売
    空軍が全面協力、中国初のスカイアクション映画『空天猎 Sky Hunter』
    台湾エアソフトメーカーSRUがSF映画「エリジウム」に触発された変換キット「SR HMA KIT」の予約販売を開始
    朝鮮戦争「仁川上陸作戦」を描く、韓国発の戦争映画『オペレーション・クロマイト』が9/23日本公開
    エジプトの若手監督が「アンチ
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     サファリランドが元ST10のジェフ・リーブスを起用した、ストーリー仕立てのPV「OPERATION SHIFT」を公開 (2017-09-22 09:34)
     映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売 (2017-09-21 19:28)
     空軍が全面協力、中国初のスカイアクション映画『空天猎 Sky Hunter』 (2017-09-21 18:58)
     台湾エアソフトメーカーSRUがSF映画「エリジウム」に触発された変換キット「SR HMA KIT」の予約販売を開始 (2017-09-19 19:47)
     朝鮮戦争「仁川上陸作戦」を描く、韓国発の戦争映画『オペレーション・クロマイト』が9/23日本公開 (2017-09-06 14:17)
     エジプトの若手監督が「アンチ "アメリカン・スナイパー"」の映画製作を企画。ムスタファ役俳優も出演 (2017-09-04 19:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop