NEWS

米海兵隊スナイパー、飛行中のヘリコプターの中から標的ドローンを撃墜

海外軍事

Photo By: Cpl. Jeremy Fasci
Image is for illustration purposes only.
カリフォルニア州ポイントムグで、7 月 26 日から 8 月 7 日の会期で開催された、米国防総省最大の年次統合カウンター UAS (Unmanned Aircraft Systems) 技術展示「Black Dart 2015」の席で、海兵隊のスナイパーが、飛行するヘリコプターの中から小型無人機の狙撃に成功した。

これは、軍事情報サイト Breaking Defense が、統合航空ミサイル防衛組織 (JIAMDO: Joint Integrated Air and Missile Defense Organization) でプロジェクトを仕切る Ryan Leary 少佐の発言を紹介したことによるもので、「UH-1Y Huey ヘリコプターの機内から撃った」とされる。飛行状態の海兵隊スナイパーがライフルを使ってドローンを破壊したのはこれが初めての事例としている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    US Navy MH-60 Seahawk Helicopter Shoots Down "Flanker" Target Drone
    ターゲットとなったのは、ウィングスパン 210 センチメートルほどの小型ドローン「Flanker」。本年度の Black Dart 演習に投入された無人機の中では最小クラスとされる。なお、当の海兵隊スナイパーがヒューイヘリコプターの中からどのように狙撃をおこなったのか、その詳細については言及されていない。


    Breaking Defense 2015/08/27
    About Black Dart Exercise

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    米海軍海上戦闘センター(NSWC)/クレーンが「接近戦用照準器(CQS)」最大50億円相当の購入計画を発表
    チェコ軍特殊部隊が海外派兵に向けて「AR-15」タイプの新型アサルトライフルの購入を計画
    米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)
     米海軍海上戦闘センター(NSWC)/クレーンが「接近戦用照準器(CQS)」最大50億円相当の購入計画を発表 (2018-02-20 13:18)
     チェコ軍特殊部隊が海外派兵に向けて「AR-15」タイプの新型アサルトライフルの購入を計画 (2018-02-20 11:33)
     米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注 (2018-02-19 19:10)
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop