NEWS

米空軍、空軍特殊作戦コマンド (AFSOC) の任務を紹介するトレーラーを公開

海外軍事
米空軍が、空軍特殊作戦コマンド (AFSOC: Air Force Special Operations Command) の任務を紹介する「Air Force Special Ops (AFSOC) Mission (AFA Video)」と題したトレーラーを公開した。

収録内容としては、過去に AFSOC の YouTube チャンネルでも紹介された事のあるものが織り交ぜられており、17 分以上のボリュームを持った映像となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AFSOC の受け持つ核心任務は「前線でのプレゼンス (存在) と戦闘」「情報活動」「精度の高い攻撃」「特殊作戦部隊における機動力」といった 4 つの項目が挙げられる。

    AFSOC は空軍特殊作戦部隊を、世界各地での展開に送り込み、地域統合の指揮を任務とする為に提供している。メンバーには、敵地に侵入して地上の標的を指示する Combat Controller (戦闘管制員) をはじめ、特殊戦闘専門の天候調査要員や、前線における航空支援の管制要員である TACP (Tactical Air Control Party)、敵地で味方を捜索・救難するパラレスキューなど、高度に訓練された人材を擁している。


    First There..That Others May Live / Combat Rescue
    空軍特殊作戦でのモットーは、初代救難部隊司令官であったリチャード・ナイト (Richard T. Kight) 准将の言葉を含めた、「First There...That Others May Live (真っ先に乗り込め・・・他を生かす為に) 」となっている。

    United States Air Force 2015/09/13
    AFSOC official FaceBook

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop