ミリブロ公式映像コンテンツ「GFS」シリーズ第 2 弾、ルームエントリー編が公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
エアソフトを使ったトレーニング映像シリーズ、ミリブロ公式コンテンツ「GFS (Gun Fight Simulation) 」の第 2 弾が公開となった。

「Room Entry Training vol.1」と題した今回の映像は、ブリーフィング時の様子から始まる。
突入チームは 4 名。音響グレネードを用いながら、人質を取った敵の急襲をおこなう。

室内の見取り図を元に各オペレーターがそれぞれの役割と、チームでの連携を確認。

現場へ到着したオペレーターが1つ目の部屋へ突入。その後、部屋から部屋へ移動する際に隠れていた敵から不意打ちを受けるも、それを交わして排除。そして最後の部屋に隠れていた敵を追い詰め、ヘッドショットを決めるという一連の流れとなっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る





    http://news.militaryblog.jp/e694626.html

    Posted by ミリタリーブログ on 2015年9月15日

    監督:Yugeshima Itsuki
    撮影・編集:Shogawa Takanari
    撮影場所:Combat Zone Kyoto
    スペシャルサンクス:VOLK Tactical GearTactical & Rescue Gear RetrashAggressor Group


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop