バイオハザードシリーズから新作『バイオハザード アンブレラコア』発売決定

ビデオゲーム

舞台はバイオテロの爪痕があたりまえにある世界
2003年。
ラクーンシティを襲った未曾有の生物災害は、アンブレラ社が秘密裏に開発を行っていた生物兵器が原因であるものと断じられ、巨大製薬企業アンブレラは崩壊した。
しかし、アンブレラ社の崩壊は生物災害の根絶ではなく、生物兵器の脅威を全世界へ拡散させてしまうと言う皮肉な結果となった。

そして2015年。
バイオテロの脅威があたりまえとなった世界では、アンブレラ社が遺した研究成果の価値はむしろ高まっていた。
感染者が残る封鎖地区に潜り込む兵士たち。その多くは自らの意思で非合法な「ゾンビ狩り」に勤しむ輩である。
しかし、彼らの陰には治療薬開発の利権、あるいは生物兵器開発を目論む企業各社の思惑があった。


『アンブレラコア』には与えられる物語など存在しない。
この世界でのプレイヤーの戦いそのものが物語となるのだ。


もっとシンプルに勝敗を決したい。
もっと駆け引きを楽しみたい。

『アンブレラコア』のジャンル名は“コンペティティブシューター”。
耳なれないこの言葉は『アンブレラコア』のゲーム性を一言に凝縮した言葉です。

『アンブレラコア」が目指すのは、eスポーツのように煮詰められた濃厚な対戦シューティング。この作品では過度な演出やリスポーンを廃し、さらに「ウィルス感染者」=ゾンビの存在を始めとするバイオハザード世界ならではの要素をゲーム性に取り込みつつも、ストーリー要素は削ぎ落としました。

しかし、削っただけのゲームではありません。無限ともいえる戦略に応える“選択肢”は考えられる限りのパターンを詰め込み、プレイヤーの意思がゲームプレイにダイレクトに反映されるよう、斬新なアイデアとさまざまな工夫を凝らしています。

シンプルな勝敗に向けて、
技量と戦略の限りを尽くして競う

コンペティティブシューター

バイオハザードシリーズとしては異色作と言ってよい『アンブレラコア』。
この作品はバイオハザードチームの挑戦であり、STGファンへの提案なのです。

コンペティティブシューター。『バイオハザード アンブレラコア』
『アンブレラコア』で描かれるCQBZ(Close Quarter Quarantined Battle Zone)とは市街地や建物内での近接戦(Close Quarters Battle=CQB)に、バイオハザード世界ならではの要素「ウィルス感染者」(ゾンビ)を加えた独自の戦闘スタイル。

メインアームは銃固有の能力を発揮しやすいが、サブアームや近接武器では盾が使用可能になるなど、兵装の特性はそれぞれが一長一短になっています。そしてエイムやカバーにはアナログ入力を導入。攻撃と防御の“度合い”を段階的に、しかも直観的に選ぶことが可能になりました。プレイヤーの無限の戦略に応える選択肢を直観的なインターフェイスの中に詰め込んでいるのです。

CQBZに欠かせない重要な要素が「感染者」の存在。傭兵対傭兵の戦場に、全ての生者にとっての敵=感染者の存在が加わる事で、さらに戦略幅が広がります。

メインモードである「ワンライフ・マッチ」では死=即ゲームオーバー。ヒリヒリした緊張感の中、技量と戦略の限りを尽くして競う、それがコンペティティブシューターなのです。

Close Quarter Quarantined Battle Zoneとは?①
CQBZ(Close Quarter Quarantined Battle Zone)とは「ウィルス環境下での特殊近接戦闘技術」を指す。
アンブレラ崩壊以降、世界ではバイオテロが頻発し、被害に遭った地区や廃棄されたアンブレラの研究施設は封鎖地区として立ち入りが禁じられたが、CQBZはその封鎖地区に適応した戦闘スタイルと言える。

ここでは対感染者戦を想定したCQBZ独特の装備を紹介しよう。なお、これらの装備やCQBZそのものも“死神”と呼ばれた伝説的な傭兵の考案によるものとされている。


ゾンビバイル(右手)
感染者であっても身体への動作命令は、大脳より発されており、脊髄が急所である事は変化していない。
ゾンビバイルは感染者の脊髄破壊を目的に、歪曲した先端に力が集中するようにデザインされている。もちろん、登山用のバイル同様高低差のある場所の移動時にも活躍する。

ベイトガード(左手)
感染者の最大の攻撃手段は摂食を兼ねた咬みつきであり、ベイトガードはその対策の為の装備である。
専用に開発された特殊樹脂は強靭さに加えて咬みついた歯が抜けにくい性質を持っており、技量次第ではワザと咬みつかせ、感染者を盾として利用する事も可能だ。

硬度と弾力性に富んだ素材が用いられているため銃撃に対する盾としても有効で、短銃弾はおろかライフル弾の運動エネルギーですら分散・減衰させることができる。

Close Quarter Quarantined Battle Zoneとは?②
封鎖地区内で起こる戦闘の多くは市街地や研究所などの建物内と言った近接戦であり、CQBZも対テロ戦などの市街地、室内戦の技術として発達したCQB(Close Quarters Battle)がベースとなっているようだ。携行する銃器もライフルなどの長射程の武器ではなく、PDWやショットガンと言った比較的ショートレンジの物が選ばれている。


ゾンビジャマー(左)
CQBZの中核をなす装備。
強烈な電磁波でゾンビの感覚中枢を麻痺させる。対象への認識を妨げる事で事実上「視えなく」する。対感染者用のチューニングが施されているが、開発途上の装備であり人体への副作用も大きい。装備者は専用の防電磁波ヘルメットが欠かせない。

ゾンビアイゼン(右)
感染者は猛烈な飢餓感に支配されており、歩行能力を失った程度ではあきらめず、這い寄られて強襲される事が少なくない。
ゾンビアイゼンはこのような地面に這いつくばった敵との接近戦を想定したもので、踏み潰しによる頭蓋の破壊を容易にする。

CQBZの装備群は感染者との遭遇戦を目的に開発されたものだが、傭兵同士=対人戦でも大きな効果を発揮する。

敵との戦闘①-照準精度?防御?
繊細な操作が生死を分ける
封鎖地区は今なお感染者で溢れており、さらに他社の傭兵と遭遇すれば戦闘は避けえない危険なエリアだ。
封鎖地区で生き残る為にここでは『アンブレラコア』の特徴的な戦闘システムについて解説しよう。


アナログカバーを使いこなせ
シューティングに欠かせないカバーアクションは『アンブレラコア』でも重要な要素だ。
本作ではカバーの度合いを段階的に選ぶことができる「アナログカバー」を導入している。トリガーを強く押せば、敵をしっかりエイムできるが遮蔽物から身を乗り出してしまい、敵に身を晒すこととなる。一方、トリガーを弱く押すと遮蔽物の内側に身体を隠すことが出来るが、銃撃については威嚇程度の精度しか期待できない。攻撃を優先するのか、防御を優先するのか?トリガーの押し方1つでプレイヤーの意図に応えてくれる画期的なシステムだ。

敵との戦闘②-どの戦闘レンジで戦うのか?
メインアームは連射力、威力、攻撃範囲などに優れ、さまざまなシチュエーションに対応可能だ。
一方拳銃など片手で使うサブアームを装備している時には自動的にベイトガード(盾)を上げて頭部を護るのでヘッドショット対策に有効だ。しっかり距離を詰めればゾンビバイル(接近戦専用武器)の一撃で、一気にカタを付けることも出来る。
(メインアームは屋内戦闘に適したPDWやショットガンが選択可能だ)

メインアームは銃固有の特徴が活かせるが、敵からのヘッドショットには無防備になってしまう。
拳銃は銃自体の能力は制限されるがベイトガード(盾)による頭部の防御が可能だ。ある程度まで敵に近づき、ゾンビバイルに持ち替えれば、一気に急接近、敵を強襲する事も可能だ。
どの武器に切換えておくか?にも常時戦略が求められるのだ。

敵との戦闘③-第3の勢力・・・感染者たち
数々の装備でほぼ無力化されている感染者たち。
しかし不可視化を司っているゾンビジャマーを破壊されるようなことがあれば、状況は一変する。直接相手を倒すのではなくゾンビジャマーの破壊を狙って感染者に襲わせるのも戦略だ。


ベイトガードに咬みつかせて盾とするゾンビシールド。



敵傭兵のゾンビジャマーを破壊!



封鎖地域でジャマーを失ったものの末路。ゾンビの群れが襲い掛かる。



ゾンビの死骸に囲まれる兵士。彼はゾンビの群れから生還できたのだろうか?



伏射の姿勢を取っている。匍匐姿勢での移動も可能なようだ。




『バイオハザード』はいよいよ20周年!!
1996年3月22日に第1作『バイオハザード』が産声をあげてから、20年が経とうとしています。
「バイオハザード」シリーズでは既に公開されている『バイオハザード0 HDリマスター』、そして初公開となった『バイオハザード アンブレラコア』をはじめ、さまざまプロジェクトが進行中です。
20周年を迎える「バイオハザード」シリーズ。今後の展開にご期待ください。


『バイオハザード』20周年を記念したZippoライターが登場!
デザインはバイオハザードの歴史の始まりである「アンブレラ社」と「S.T.A.R.S.」、そして「20周年ロゴ」の3種をラインナップ。
「アンブレラ社」と「S.T.A.R.S.」モデルにはメタルで作成した豪華なエンブレムがあしらわれ、「20周年ロゴ」モデルはユーズド感のある素材にエッチング加工を施した味わい深い仕様となっています。

【仕様】
・素材:真鍮
・サイズ:H5.5×W3.8×D1.2(cm)
・加工方法
【Umbrella】
マッドブラック下地エッチング電着処理+メタル
【S.T.A.R.S.】
真鍮古美エッチング・ユーズド加工+メタル
【20thロゴ】
銀サテン古美エッチング・ユーズド加工

バイオハザード 20周年 Zippoライター
◆ 発 売 日 : 2015年9月下旬予定
◆ 予 価 : 10,000円+税
◆ 発 売 元 : 有限会社フィリア
◆ 取 扱 先 : 全国のアニメ・ゲーム系グッズショップ、通信販売
カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」 http://www.e-capcom.com
※仕様および外観は開発中の為、変更の可能性がございます。
© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


日本特有の高品質な技術で作り上げる、20周年を記念した「特別な逸品」

GILD design × バイオハザード
バイオハザード『ジュラルミン削り出しiPhone6用ケース』発売

ハイクォリティ アルミiPhoneケース/Made in Japanで人気沸騰のブランド「GILD design」とのコラボ第2弾!
バイオハザード20周年を記念して、巨大製薬企業Umbrella社のロゴを高精度レーザーマーカーで表面に彫刻したGILD designのiPhoneケースです。「スマートフォンを本気で守る」をコンセプトに、航空機や自動車部品に使用されるジュラルミン製の特別なモデルとなります。

ジェラルミンは高い強度と切削性に富んだ材質です。さらに素材、表面処理、ケースを固定するボルト、付属するシリコン、レンチ、パッケージの箱に至るまで、この商品に関するすべての物は日本で作られたモノとなっています。Made in JAPAN 。
信頼の日本製を使用するからこそ得られる『高品質』をぜひ体感してください。

【仕様】色: ブラック/レッド
・素材:ジュラルミンA2017S、専用レンチ1本、トルクスボルト(アルミニウム製)4本+予備1本、
エラストマー(衝撃吸収材)5個、シリコンシート3枚
・サイズ:約143mm×70mm×10mm
・アルミ削り出しイヤホンジャックカバー付

BIOHAZARD 20th Anniversary Edition Solid for iPhone6
発 売 日:2015年9月17日予定
予 価:13,000円(税別)
発 売 元:株式会社テラ
取 扱 先:テラ公式通販サイト「TUGBOAT」http://www.hectoshop.com/
ギルドデザイン公式 楽天店、ヨドバシカメラ他、家電量販店、小売店、専門店
TGS2015会場でも販売!
※仕様および外観は開発中の為、変更の可能性がございます。
© CAPCOM CO., LTD.


全世界初!東京ゲームショウ2015にプレイアブル出展!

最新作『バイオハザード アンブレラコア』が東京ゲームショウ2015、カプコンブースにプレイアブル出展決定!
「バイオハザード」が提案するSTGの新たなカタチ、“コンペティティブシューター”ならではの濃密な対戦をいち早く体験して欲しい。

カプコン 東京ゲームショウ2015 特設サイト
http://www.capcom.co.jp/tgs/

『バイオハザード アンブレラコア』優先試遊権プレゼントに応募しよう!
カプコンゲームの最新情報をお届け、イベントやグッズのご紹介など「カプコン」をもっと楽しむWebサービス「マイカプコン」では、会員様を対象にTGS2015
カプコンブースに出展される『バイオハザード アンブレラコア』の優先試遊権を抽選でプレゼント。ただ今応募受付中です。マイカプコンは登録無料のWeb
サービス。さまざまな最新情報に加えて会員様ならではのご優待サービスなども実施しています。この機会に是非ご登録ください。

『バイオハザード アンブレラコア』優先試遊権プレゼント
【優先試遊権】
優先試遊権 対象日:2015年9月19日(土)、20日(日)
当選人数:各日15名様、合計30名様
※応募時に、ご希望参加日をお選びいただきます。
※優先試遊は当選者へお送りするご招待メールに記載の指定時間のみ有効です。お時間は選べませんので予めご了承ください。
※優先試遊権は譲渡無効です、当選者以外には使用できません。またご利用の際には本人確認をさせて頂く場合がございます。
※東京ゲームショウ2015会場までの交通費、ならびに入場にかかる費用は当選者様のご負担となります。
【応募方法】
応募締切:2015年9月17日(木)午前9:00まで マイカプコンの応募フォームから項目全てにご入力の上、ご応募下さい。
※応募多数の場合は、抽選となります。予めご了承下さい。
【応募条件】
マイカプコン会員で、東京ゲームショウ2015一般公開日に参加可能な方。
※ご応募はマイカプコン会員のみに限らせていただきます。未入会の方は下記よりご登録の上、ご応募ください。
マイカプコンご入会はコチラ!
http://www.capcom.co.jp/mycapcom/

『バイオハザード アンブレラコア』
公式サイト公開中
http://www.capcom.co.jp/bioUC/
https://www.youtube.com/biohazard/
facebook.com/bio.capcom

バイオハザード アンブレラコア
■対応ハード:PlayStation®4、PC
■発売予定日:2016年初頭
■販売価格:未定
■ジャンル:コンペティティブシューター
■CEROレーティング:審査予定
※本作はオンラインプレイ専用商品です。お楽しみいただくにはネットワーク環境、並びにハードメーカーが提供するオンライン環境サービスへの登録が必要となります。


『バイオハザード アンブレラコア』の基本エンジンには「Unity」(UnityTechnologies(本社:米国、日本法人はユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)が採用されている。最新のテクノロジーで開発された「Unity」は多彩なミドルウェアが統合されたゲーム開発環境アプリケーション。様々なクリエイティブツールと連動し、また多彩なファイル形式をサポートしているので、デザイナーやクリエイターのアイデアをより忠実に具現化する事が出来る。優れた汎用性を誇る「Unity」だが『バイオハザード アンブレラコア』の制作にあたってはUnity Technologiesの協力のもと徹底チューニング。更なるハイパフォーマンスを実現している。
©2015 Unity Technologies
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
縦スクロールシューティングアクションゲームの名作、カプコン『戦場の狼』がiOS/Androidアプリで登場
ゴーストvs麻薬カルテル! ゴーストリコン ワイルドランズ~LE祭 ボリビア編~レポート
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か
バイオハザード20周年を締めくくるファンランイベントが5/21に大井競馬場で開催
『ゴーストリコン ワイルドランズ』の店頭体験会が東京、神奈川、大阪で開催
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 縦スクロールシューティングアクションゲームの名作、カプコン『戦場の狼』がiOS/Androidアプリで登場 (2017-03-23 17:34)
 ゴーストvs麻薬カルテル! ゴーストリコン ワイルドランズ~LE祭 ボリビア編~レポート (2017-03-13 20:57)
 カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か (2017-03-02 12:40)
 バイオハザード20周年を締めくくるファンランイベントが5/21に大井競馬場で開催 (2017-02-24 19:42)
 『ゴーストリコン ワイルドランズ』の店頭体験会が東京、神奈川、大阪で開催 (2017-02-10 18:24)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop