高速で突っ込む車両を見事な跳躍でヒラリとかわす特殊部隊兵士のパフォーマンス映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
Saudi SF operator jumps over a car !

Now this is a hardcore training exercise !

Posted by Special Forces Around The World on 2015年9月28日
高速で正面から突進して来る車両に対して、見事な跳躍でそれをかわす特殊部隊兵士のパフォーマンス映像が掲載され話題となっている。

Live Leak に投稿されたことがきっかけで拡散中のこちらの映像は、サウジアラビアの特殊部隊によるアクション・スタントとして紹介されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    時速 74 キロメートルもの高速運転で正面からクーペ車両が突っ込むところを、衝突の手前 6.21 メートルで仰角 69 度に跳躍することで、全長 4.43 メートルの車体を飛び越えている。映像では跳躍時の高さが 170 センチメートルに達していることが示されているが、ネット上ではこれについて懐疑的な意見も散見される。


    ヒュンダイ・クーペ (Hyundai Tiburon)
    なお、映像からの判断では、使用された車輌は韓国・現代自動車 (ヒュンダイ) 製のティブロン (Tiburon) と考えられており、同車種の全高は大よそ 130 センチメートルとなっている。

    いずれにしても兵士の度胸と研ぎ澄まされた感覚、そして身体能力の高さが分かる映像となっている。

    Live Leak 2015/09/18

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop