NEWS

元デルタフォース隊員 パット・マクナマラ (Pat McNamara) 氏プロフィールビデオ

海外軍事
著名なガンインストラクターのビデオを発売している PANTEAO PRODUCTIONS が、元デルタフォース隊員のパット・マクナマラ( Pat McNamara )氏のプロフィールビデオ『 Profiles of Courage: Pat McNamara 』を公開した。

この動画は同社が製作した「Make Ready with Pat McNamara: Carbine TAPS」のリリースに先駆けて公開されたものであり、過去の経歴や独自のトレーニング方法についてパット・マクナマラ氏本人が語っている。

パット・マクナマラ氏は、米陸軍で特殊作戦に従事した22年間の内、13年間を第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊( 1st Special Forces Operational Detachment Delta / 1st SFOD-D )通称:デルタフォース( Delta Force )に所属し、中東や東欧での実戦経験が豊富にあり、最終階級は上級曹長であった。

退役後は得意な射撃と軍隊経験から得た知識を活かし、インストラクターとして TMACS INC を立ち上げ、射撃と戦闘戦術の基本から高度なテクニックまで幅広く対応したトレーニングを提供している。

特に、豊富な経験から導き出された理念として“単にトリガーを絞るよりも戦術的な射撃が重要である”ことを謳っており、著書「 T.A.P.S. : Tactical Application of Practical Shooting 」では独自のトレーニング論などを綴っている。

また、NRA( National Rifle Association )、IPSC( International Practical Shooting Confederation )、CMP( Civilian Marksmanship Program )、USPSA( United States Practical Shooting Association )などと関係が深く、自身の射撃クラブも運営している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    参考動画:オープンフィールドでアクティブに動く印象が強いパット・マクナマラ氏であるが、思わぬ外敵から家庭/家族を守る方法を綴った2012年発売の著書「 Sentinel: Become the Agent in Charge of Your Own Protection Detail 」を映像化したビデオ「 The Sentinel Origins 」のPVでは、室内での堅実なガンハンドリングを披露している。
    PanteaoProductions 2015/09/11
    Text: 弓削島一樹 - FM201510

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop