「旅客機の墓場」を舞台とした米国のエアソフトイベント

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米国でエアソフトイベントを展開する OLCMSS (Operation Lion Claws Military Simulation Series) が、同シリーズ史上初となる、最大 8 機の旅客機に囲まれた特別な環境下でのイベントゲームを開催。その模様をまとめた公式トレーラーを YouTube に、また 130 枚以上におよぶ写真を FaceBook に投稿している。

First ever Tactical Challenge among planes! Nine companies sent representatives to compete in this challenge. Location...

Posted by Operation Lion Claws Military Simulation Series on 2015年6月5日
「LionClaws Tactical Challenge (LCTC) 2015」と名付けられたこのイベントゲームの舞台は、米国南西部、カリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがり、琵琶湖 52 個分に相当する 35,000 平方キロメートルの面積を持つモハーヴェ砂漠 (Mojave Desert) 。9 月 26 日 (土) におこなわれた LCTC 2015 では、9 つのエリートチームが 3 つのタクティカル・シナリオに参加している。

関連記事:
週末をエンジョイ、閉鎖された病院施設でサバイバルゲームを楽しむ米国のエアソフター映像

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    ※座標は目安であり正確な位置を示していません。
    モハーヴェ砂漠には使用されていない「モスボール」中の機体や、用済みとなった機体などが集まる「飛行機の墓場」があり、世界中の航空機ファンやカメラファンの間で知られている。

    無数の機体が集まるこの特別な光景は、しばしばし映画撮影の舞台としても利用されている。また、米軍は勿論のこと、欧州各国やイスラエルの軍エリート部隊がこのロケーションを利用して訓練を実施している。そこでは、米国政府が購入したボーイング 747 機がしばしば訓練に提供され、ドア爆破から機内突入といった、この特別な環境ならではの実戦を想定した訓練がおこなわれている。

    lionclawsTV 2015/10/02
    About Lion Claws Tactical Challenge

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop