Cybergun、フランス政府に Glock レプリカの納入契約。資本増強で軍・法執行機関市場に本格参入へ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ロイター通信は、レクリエーション用シューティング製品を手掛ける世界的企業、フランスのサイバーガン (Cybergun) 社が、レプリカのピストル製品を内務省へデリバリーすることを報じた。

数多くの実銃メーカーのライセンスを持つことで知られるサイバーガン社だが、今回の契約で対象となっているのは、欧州・オーストリアの実銃メーカー Glock (グロック) ピストルのライセンス。サイバーガン社とフランス政府との間では 10 月 12 日 (月) に、レプリカ Glock ピストルのミリタリーライセンスに関する契約が既に取り交わされている。

また、サイバーガン社は軍・法執行機関に向けた訓練用途での需要とその成長を見越して、ファイナンスの一部を充てることを発表している。そして、資本増強の実施に併せて新たな部門「Spartan Imports Military Department」を社内に創設することも明かしている。
一報を聞き付けた海外のエアソフト情報各サイトでも大きな話題として取り上げられている。
NLAirsoft によると、11 月 17 日 (火) から 20日 (金) に、フランス パリのノール・ヴィルパント エキシビションセンター (Paris Nord Villepinte Exhibition Center) を会場として開催される「Milipol Paris 2015」の席上で、第一陣の Glock 17 と Glock 19 が展示される予定にあるとしている。

サイバーガン・グループを率い、今回の話題性溢れる契約を交渉してきたブリュギエール・ヒューゴ (Brugiere Hugo) 副社長は、「フランス内務省向け製品は、生産と一部の組み立てをドイツでおこなう」と言及している。

海外のエアソフトファンが集うフォーラム形式の SNS では、今回のエアソフト Glock の製造を手掛けるメーカーについて話題が及び、実射性能に優れた日本製・東京マルイ社や、成長著しい台湾メーカー各社の待望論が数多く書き込まれている。

Reuter (France) 2015/10/12
NLAirsoft.com 2015/10/13

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売
19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売
ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催
ガスが不要なスプリング式グレネード「NUKE」が間もなく登場
EMG ArmsよりSalient Armsのカスタムグロック「SAI BLU」のエアソフトガンが登場
ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017春」会場内配置図が公開
 TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売 (2017-05-25 16:58)
 19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 (2017-05-25 12:54)
 ハートロック最終回。2003・2004年のイラク戦争を題材とした「Heart Rock 2.0~Final~」が開催 (2017-05-22 19:51)
 ガスが不要なスプリング式グレネード「NUKE」が間もなく登場 (2017-05-19 13:03)
 EMG ArmsよりSalient Armsのカスタムグロック「SAI BLU」のエアソフトガンが登場 (2017-05-19 12:50)
 ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017春」会場内配置図が公開 (2017-05-18 16:05)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop