NEWS

フランス国防省の WEB 映像解説シリーズ「Furtivité (ステルス) 」、最終回は「特殊部隊」がテーマ

海外軍事
フランス国防省が、動画共有サービス Dailymotion (デイリーモーション) や YouTube の公式アカウントを使って、全 5 回に渡り展開していた映像シリーズ「Furtivité」の最終分が公開された。

Furtivité は「ステルス (性) 」をテーマとした映像シリーズ。今年 9 月に公開された第 1 回目テーマ「戦闘機」に始まり、②「潜水艦」、③「ヘリコプター」、④「機雷除去」とシリーズが続いていた。
そして今回公開された第 5 回目のテーマは「特殊部隊」。

道路を移動中の SUV 車列が突如襲われ、悪党らに身柄が拘束されるシーンから始まる。映像はその後、特殊作戦司令部 (COS: le Commandement des opérations spéciales) 隷下の第 13 竜騎兵落下傘連隊 (13e RDP: 13e Régiment de dragons parachutistes) オペレーターによる証言、リクルート時のエピソードなどを交えて、特殊部隊とステルス性をテーマに解説が展開する構成となっている。

フランス国防省が過去に別のテーマで公開したことのあるシーンが一部重複するものの、総じて 10 分超の映像には特殊部隊隊員が携行する銃火器や装備、アクションシーンと、ホビーミリタリー視点でも見所の多い仕上がりとなっている。

ministeredeladefense 2015/10/16
Derniers articles

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop