NEWS

フランス国防省の WEB 映像解説シリーズ「Furtivité (ステルス) 」、最終回は「特殊部隊」がテーマ

海外軍事
フランス国防省が、動画共有サービス Dailymotion (デイリーモーション) や YouTube の公式アカウントを使って、全 5 回に渡り展開していた映像シリーズ「Furtivité」の最終分が公開された。

Furtivité は「ステルス (性) 」をテーマとした映像シリーズ。今年 9 月に公開された第 1 回目テーマ「戦闘機」に始まり、②「潜水艦」、③「ヘリコプター」、④「機雷除去」とシリーズが続いていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    そして今回公開された第 5 回目のテーマは「特殊部隊」。

    道路を移動中の SUV 車列が突如襲われ、悪党らに身柄が拘束されるシーンから始まる。映像はその後、特殊作戦司令部 (COS: le Commandement des opérations spéciales) 隷下の第 13 竜騎兵落下傘連隊 (13e RDP: 13e Régiment de dragons parachutistes) オペレーターによる証言、リクルート時のエピソードなどを交えて、特殊部隊とステルス性をテーマに解説が展開する構成となっている。

    フランス国防省が過去に別のテーマで公開したことのあるシーンが一部重複するものの、総じて 10 分超の映像には特殊部隊隊員が携行する銃火器や装備、アクションシーンと、ホビーミリタリー視点でも見所の多い仕上がりとなっている。

    ministeredeladefense 2015/10/16
    Derniers articles

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop