NEWS

フランス国防省の WEB 映像解説シリーズ「Furtivité (ステルス) 」、最終回は「特殊部隊」がテーマ

海外軍事
フランス国防省が、動画共有サービス Dailymotion (デイリーモーション) や YouTube の公式アカウントを使って、全 5 回に渡り展開していた映像シリーズ「Furtivité」の最終分が公開された。

Furtivité は「ステルス (性) 」をテーマとした映像シリーズ。今年 9 月に公開された第 1 回目テーマ「戦闘機」に始まり、②「潜水艦」、③「ヘリコプター」、④「機雷除去」とシリーズが続いていた。
そして今回公開された第 5 回目のテーマは「特殊部隊」。

道路を移動中の SUV 車列が突如襲われ、悪党らに身柄が拘束されるシーンから始まる。映像はその後、特殊作戦司令部 (COS: le Commandement des opérations spéciales) 隷下の第 13 竜騎兵落下傘連隊 (13e RDP: 13e Régiment de dragons parachutistes) オペレーターによる証言、リクルート時のエピソードなどを交えて、特殊部隊とステルス性をテーマに解説が展開する構成となっている。

フランス国防省が過去に別のテーマで公開したことのあるシーンが一部重複するものの、総じて 10 分超の映像には特殊部隊隊員が携行する銃火器や装備、アクションシーンと、ホビーミリタリー視点でも見所の多い仕上がりとなっている。

ministeredeladefense 2015/10/16
Derniers articles

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop