迫撃砲スタイルのエアソフト製品「Airsoft Mortar」の試作モデル

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ドイツのエアソフトチャンネル「Airsoft Keks」で、SkwAirsoft.com により開発されている迫撃砲スタイルのエアソフト製品、「Airsoft Mortar」の試作モデルを紹介する映像が公開された。

映像には、ミニボンベを格納した挿入器から、圧縮空気を射出の専用シェルに注入し、柔らかい玩具用ボールを放出させる一連の操作が紹介されている。シェルにボールを仕込む際に水を満たすことで、圧縮空気の生み出したエネルギーを効果的にボールへ伝へ、飛距離の向上に役立てるよう工夫がおこなわれている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    日本国内で本製品または同様の製品を入手する際には、圧縮した気体を使用して弾丸の発射を可能とする玩具銃の規制を定めた法令 (2007 年 2 月 20 日施行 改正銃刀法 準空気銃) や、高圧ガス保安法といった法律の違いに注意が必要となる。

    なお、今回の映像で紹介されたものは、製品開発の過程で示されたプロトタイプであり、最終試作モデルでは無いとのこと。

    Airsoft Keks 2015/10/31

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop