NEWS

米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの後継オプティクスを選定か。5 候補が掲載に

海外軍事

Image: Special Operations Forces Industry Conference / DTIC
Image is for illustration purposes only.
温度変化により照準が狂うとして問題となった L-3 EOTech のホロサイトについて、米特殊作戦軍 (USSOCOM) がその代替光学機器に 5 つの候補を上げて評価を始めると云う。米国の戦術装備ニュースサイト「ソルジャーシステムズ (SSD: Soldier Systems Daily) 」が報じた。

現用小火器の搭載オプティクスとして特殊部隊など広く利用されている EOTech ホロサイトの欠陥については、特殊作戦部隊の武器計画管理を務めるSOF-WPMO (Special Operations Forces - Weapons Program Management Office) がおこなった指摘を、前出のソルジャーシステムズが明るみにしたことがキッカケとなり、大きな波紋を広げている。

関連記事:
「温度変化で照準が狂う」米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの精度問題を指摘。大手代理店の出荷が停止

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    Photo: Trijicon MRO (Left), Trijicon SRS (Right)
    今回の続報で示された中には、エイムポイント T2 の他、リューポルドからは LCO (Leupold Carbine Optic) と同じくリューポルド製の DeltaPoint Pro が、そしてトリジコンからは MRO (Miniature Rifle Optic) と SRS (Sealed Reflex Sight) の名が候補オプティクスとして挙げられている。

    SSD 2015/11/09

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop