アーセナル・フィアアームズ「AF1-R ストライク・オート」&「LRC-2 ロングレンジ・コンバージョン」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
アーセナル・フィアアームズが、「AF1-R ストライク・オート (Strike Auto) 」と「LRC-2 ロングレンジ・コンバージョン」を紹介するトレーラーを公開した。

AF1-R ストライク・オートは、フルオート射撃時の安定性を追求したマシン・ピストル。スライド左側面にあるセレクターにより、セミ・フルの切り替えに対応している。フルオートでの発射レートは 1,200 rpm (=秒間 20 発) 以上とのこと。

映像ではこれに、LRC-2 (Long Range Conversion kit) を装着することで、射撃時の更なる安定性の向上を図り、加えてレール対応による拡張性を得ることで射手のアドバンテージ拡大へと繋げている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    取り付けは、スライドを取り外し、キット付属の 12 インチバレルに取り換え、コンバージョンキットへ換装することで完了。メーカー曰く「コンバージョンに必要な時間は 1 分以内」とのこと。

    Arsenal Firearms 2015/11/18
    Arsenal Firearms LRC-2

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    手元のレバーで自由に伸縮できるAR-15用ストック「XOP Stock」
    KRYTACがOsprey Armamentの「MK36H」を電動ガンとして発売予定
    香港のRED WOLF AIRSOFTがLee Enfield No.4のエアガンを発売
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米銃器メーカーが2016年に統計史上「最多」の銃器を生産。ATFが年次報告書で発表
     手元のレバーで自由に伸縮できるAR-15用ストック「XOP Stock」 (2018-02-16 12:14)
     KRYTACがOsprey Armamentの「MK36H」を電動ガンとして発売予定 (2018-02-15 12:10)
     香港のRED WOLF AIRSOFTがLee Enfield No.4のエアガンを発売 (2018-02-14 12:22)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米銃器メーカーが2016年に統計史上「最多」の銃器を生産。ATFが年次報告書で発表 (2018-02-13 17:11)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop