軍・法執行機関向け民間訓練施設を使った米国の本格的な MilSim イベントゲーム「Faded Giant 4」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
エアソフトを使った模擬戦闘ゲーム、所謂「サバイバルゲーム」には、ミリタリーテイストを盛り込んだものを好む「ミリタリーサバゲーマー」と、装備や格好に大きく執着せずスポーツ・レクリエーションとして楽しむ「スポーツサバゲーマー」という、大きく二通りのユーザー属性に分けることができる。

多くの戦闘装備の発信基地である米国では、その広大な土地を使って、本格的で大規模なミリタリーサバゲーマーに向けたイベントゲーム「MilSim (Military Simulation) Game」が数多くおこなわれている。
大手エアソフトショップ Evike.com が YouTube チャンネルにアップした「Boots on the Ground」シリーズの「Faded Giant 4」では、まさにそんな米国らしいミリタリーサバゲーマーの為のイベントが記録されている。各参加者のウェアラブルカメラを視点切り替えして編集されており、臨場感溢れる映像となっているのも見所の 1 つ。

FG4 は、サウスカロライナ州バーンウェル郡にある軍・法執行機関オペレーター向けの民間訓練施設「GTI: Government Training Institute」でおこなわている。GTI の「統合訓練センター (JOC: Joint Operations Center) 」では、200,000 平方フィート (=約 5,600 坪) に広がる建屋群を使って、CQC 戦術訓練は勿論のこと、ヘリコプターを使ったロープ降下や各種ヴィークルを投入した大規模な訓練の実施も可能。射撃レンジも備えており、スナイパー用途には 800 メートルの距離を取ることができると云う。

Evike.com Airsoft 2015/11/18
Merlin's Airsoft News 2015/11/16
Government Training Institute JOC

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop