NEWS

英国の特殊部隊が IS・テロとの戦いに備え、3,700 億円超の装備拡充の為の追加予算を獲得

海外軍事 Comments(0)
トルコ・アンタルヤで 11 月 15 日から 16 日の会期で開催された G20 サミットから帰国した英国のデーヴィッド・キャメロン (David Cameron) 首相が、フランス・パリで発生した同時多発テロ事件を背景に、テロ対策を主軸とした新たな防衛支出計画の概要を示した。

計画の全体像自体は来週にも発表されるものの、焦点となっているのは IS (Islamic State, ISIL, ISIS, イスラム国) との戦い、テロ対策に当たる特殊部隊の装備拡充について。
追加割り当てされる予算の多くは、陸軍特殊部隊 SAS (Special Air Service, 特殊空挺部隊) や海兵隊 SBS (Special Boat Service, 海兵隊特殊舟艇部隊) に代表される特殊作戦部隊に充当される。

今後 5 年間において 20 億ポンド (=約 3,754 億円) の資金が、これら特殊部隊の能力向上に向けて投入予定とのこと。内訳としては、ヘリコプターや夜間作戦で必須のナイトビジョンゴーグル、無線・通信関連の他、防護装備などに費やされるとのことで、リクルート用には予定されていない模様。

上昇傾向となる防衛予算についてキャメロン首相は「無人機や戦闘機、サイバー分野での予算を優先的にする」とも語っている。

Daily Mail 2015/11/17

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop