台湾 WE Airsoft 製のエアソフト版「ツイン・ガバメント」が間も無く完成か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

The boys in R&D have been busy...This model has been under wraps with our skunkworks team for months now and as you...

Posted by WE Airsoft on 2015年11月12日
2 つのガバメントが 1 つに引っ付いた「ツイン・ガバメント」のエアソフト版は、既報のフランス・サイバーガンからだけでなく、台湾メーカーからの発売も間近に迫っているようだ。

関連記事:
Cybergun 社、エアソフト版 "ツインガバ" 「AF2011 Dueller Prismatic」の実射映像を公開

台湾エアソフトメーカー WE Airsoft が公式 FaceBook 上で、エアソフト版の「WE Double-Barrel 1911」について、その製作状況を公開した。同社の研究開発チームが数ヶ月間に渡って秘密裏に進めてきたもので、製品精度に対して絶対的な自信をみせている。また、同社製の既存パーツとの互換性についても努力しているようだ。

The WE Double-Barrel 1911 features quite a few new proprietary parts including:

Double Barrel Slide
Double Hammer Assembly
Double Grip Safety
Double Mainspring Housing
Double-Size Magazine Housing
1911 Double Magazine/Baseplate
Double Barrel Bushings
WE Double 1911

Posted by WE Airsoft on 2015年11月22日
併せて公開された映像には、快調な作動音・リコイルと共に、2 発同時発射された弾痕がターゲットペーパーにしっかりと刻まれていく様子が記録されている。

なお、日本国内での取り扱いについては、海外との法的規制の相違から注意が必要となる。

WE Airsoft 2015/11/23

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop