NEWS

オーストラリア陸軍特殊部隊と警察・救急隊による対テロ年次演習「マーズ・オリンピックス (Mars Olympics) 」

海外軍事

Exercise Mars Olympics - counter-terrorism training in western Sydney and the Southern IllawarraThe 2nd Commando...

Posted by AustralianArmy on 2015年12月2日
オーストラリア国防軍 (ADF) のコマンド連隊による、テロリストの脅威に対処する能力を示すためのリハーサルが、11 月 30 日から 12 月 4 日の期間、ニューサウスウェールズ州のシドニー西部と同州イラワラ南部でおこなわれている。

「マーズ・オリンピックス (Exercise Mars Olympics) 2015 」と名付けられたこの演習には、およそ 500 名の ADF 隊員と 200 名から成る同州の警察、救急隊が参加。兵舎や空港、その他の民間施設の建屋などでの非常時に備えた各種シナリオ訓練を実施している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    関連記事:
    英国王室、オーストラリア陸軍エリート兵士らと訓練に励むヘンリー王子の映像を公開
    ADF から参加した陸軍の特殊部隊である「第 2 コマンド連隊 (2 Cdo Regt: 2nd Commando Regiment) 」は、2009 年 6 月に創設された同国初の常時コマンド部隊。特殊作戦軍隷下に 3 つある戦闘可能な部隊の内の 1 つに数えられている。モットーは「前触れもなく」を意味し、英語で「Without warning」、ラテン語で「Foras admonitio」を掲げている。

    Exercise Mars Olympics 2015
    About 2nd Commando Regiment

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop