NEWS

米海軍資金援助で大学研究機関が開発。水中も空中も自由に移動できる「両用」ドローン

海外軍事
洋上を遊弋 (ゆうよく) し獲物を物色するカツオドリは、捕食のため水中の魚群目掛けて急降下する。また一方で、水中を回遊する魚類の中にはトビウオのように、時折空中を飛ぶ (=滑空する) ものも存在する。

米ニュージャージー州のラトガース大学では、海軍資金援助の下で、水中でも空中でも自由に移動できる「両用」ドローンを開発中。

研究の取り組みは、救難救助ミッションでの迅速な展開や、海上でのオイル流出事故の他に、軍用途では海中に仕掛けられた機雷の回避や偵察などのシーンで活躍することを狙っている。

来夏までに、実際の運用を見据えた環境下での実動デモンストレーションを計画している。

Rutgers Today 2015/11/13
Rutgers, The State University of New Jersey 2015/10/22

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop