NEWS

米海軍資金援助で大学研究機関が開発。水中も空中も自由に移動できる「両用」ドローン

海外軍事
洋上を遊弋 (ゆうよく) し獲物を物色するカツオドリは、捕食のため水中の魚群目掛けて急降下する。また一方で、水中を回遊する魚類の中にはトビウオのように、時折空中を飛ぶ (=滑空する) ものも存在する。

米ニュージャージー州のラトガース大学では、海軍資金援助の下で、水中でも空中でも自由に移動できる「両用」ドローンを開発中。

研究の取り組みは、救難救助ミッションでの迅速な展開や、海上でのオイル流出事故の他に、軍用途では海中に仕掛けられた機雷の回避や偵察などのシーンで活躍することを狙っている。

来夏までに、実際の運用を見据えた環境下での実動デモンストレーションを計画している。

Rutgers Today 2015/11/13
Rutgers, The State University of New Jersey 2015/10/22

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop