NEWS

ポルトガル、陸軍特殊部隊用に HK416A5 × 24 挺を追加購入

海外軍事

Photo: Portuguese Army
Image is for illustration purposes only.
ポルトガルが陸軍の特殊部隊用に、ヘッケラー&コッホ社製の 5.56x45 mm アサルトライフル HK416A5 × 24 挺を追加購入した。

これは、2014 年末の第一陣 18 挺と、2015 年 2 月の第二陣 22 挺に続くもので、今回分での内訳は 14.5 インチのバレル長を持つものが 20 挺と、スナイパー向け 16.5 インチが 4 挺となっている。AN/PEQ-16A と、Aimpoint 製 Comp M4 の購入も含まれており、ポルトガルで H&K 製品の取り扱いをおこなっているデフマット (Defmat) 社を通じての手配となっている。

また、これとは別で同じく H&K 社製のセミオート式狙撃銃 G28 × 4 挺の購入契約も交わしている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    NATO 諸国をはじめとする各国特殊部隊での利用が進む HK416 だが、ポルトガルでは陸軍において不正規戦、対テロ作戦に従事する緊急対応旅団 (BrigRR: Rapid Reaction Brigade) 隷下で 2 個中隊から構成される CTOE (Centro de Tropas de Operações Especiais, = Special Operations Troops Centre) と、海洋警察の実動部隊 GAT (Grupo de Ações Táticas) で利用されている。

    IHS Jane's 360 2015/12/14
    Warriors Online Tactical Magazine 2015/10/24

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop