NEWS

Milipol 2015: フランス国家警察 特殊部隊「RAID」使用装備の展示紹介映像

海外軍事 Comments(0)
フランスのパリで11月17-20日に開催されたセキュリティ展示会:Milipol Paris 2015 において、フランス国家警察(Police nationale de France)所属の特殊部隊:RAID(Research, Assistance, Intervention, Deterrence / 調査・救援・介入・抑止)が使用している最新装備の展示が行われ、同ブースを紹介した動画『Military equipment armored vehicles used by RAID counter terrorist unit French Police Milipol 2015』が、Youtube の DefenseWebTV チャンネルで公開された。

動画には、フランス軍が導入している Panhard 社製の軽装甲車両 PVP を RAID 仕様に改装した「PVP 4X4 light protected vehicles」をはじめとする最新装備品や、訓練展示の様子、元警察官の Jean-Louis 氏へのインタビューが収録されている。

「PVP 4X4 light protected vehicles」は、AKライフルで武装したテロリストに備えて導入された新型車両であり、7.62x39mm弾に耐えられるプロテクションレベル2の STANAG 4569 仕様となっている。
パリ同時多発テロ事件やシャルリー・エブド襲撃事件の現場映像には、部隊名の異なる特殊部隊オペレーターや車両が混在して映し出されていたが、それらを含めた幾つかの部隊を簡単に紹介しておこう。

●RAID:パリなどの主要都市での凶悪事件・テロ事件を担当する国家警察刑事司法警察局(DCPJ:Direction générale de la Police nationale)所属の特殊部隊。内務省管轄。

●BRI:捜査介入部隊(Brigade de recherche et d'intervention) 犯罪組織や強盗を対象とした国家警察刑事司法警察局所属の特殊部隊。国家警察所属の他の部隊と異なり司法捜査も受け持ち、アンチギャング部隊とも呼ばれている。主要都市に計15部隊配置。内務省管轄。

●GIPN:国家警察介入部隊(Groupement d'Intervention de la Police Nationale) 主要都市以外の地域での凶悪事件・テロ事件を担当する国家警察公安中央総局(DCSP:Direction centrale de la Sécurité publique)所属の特殊部隊。内務省管轄。

●GIGN:国家憲兵隊治安介入部隊(Groupe d'intervention de la Gendarmerie nationale)は、テロ事件・ハイジャック事件・暴動鎮圧・大規模犯罪などを受け持つ、陸・海・空軍に次ぐ第4の軍隊となる国防省国家憲兵隊(Gendarmerie nationale)に所属する特殊部隊。国防省管轄。

●EPIGN:国家憲兵隊空挺介入中隊(Escadron Parachutiste d'Intervention de la Gendarmerie Nationale)は、暴動鎮圧・大規模犯罪・有事の際の軍事活動等を受け持つ国防省国家憲兵隊に所属する特殊部隊。国防省管轄。

上記のように任務の特徴は似ているが、それぞれ管轄が異なる。
尚、RAID、BRI、GIPN の3つで国家警察介入総隊(FIPN:Force d'intervention de la Police nationale)を構成している。

RAID は、1985年に設立され国家警察から選抜された約160名が在籍するエリート部隊であり、約60名ずつの3セクションに分けられ、急襲、狙撃、パラシュート降下、潜水、K9、交渉などのスペシャリストで組織されている。

第1セクション:介入、監視、保護を専門とする実行班。
第2セクション:情報収集、研究開発を専門とする班。
第3セクション:人質交渉、危機管理、隊員のメンタルケアなどを専門とし、法医学の専門家、心理学者、医師で構成される班。
銃火器は、Benelli M3、Colt M4A1、FN SCAR、SPAS-15、Glock 17 / 17L / 18 / 19 / 26 / 34、H&K G36、H&K MP5K、H&K PSG1、Remington 870 等など、多種多様に装備しているが、犯人逮捕を第一の目的としている。

Text: 弓削島一樹 - FM201512

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop