NEWS

ロシア軍の Mi-35M ガンシップがシリア領内で初めて確認

海外軍事
ロシア・トゥデイ(ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)が、シリアで空爆任務を行うロシア空軍機を紹介する動画を公開。この動画の中でそれまで確認されていなかったMi-35M武装ヘリが映っていると話題になった。

Mi-35M武装ヘリはMi-24武装ヘリの近代化改修モデルであり、通信能力・夜間攻撃能力などが改良されている。これまでMi-24武装ヘリによる基地周辺の警戒飛行やシリア政府軍の支援に掃射を行う姿が確認されているが、Mi-35M武装ヘリが確認されたのは今回が初めて明らかになった。空港から発進する爆撃機には夜間攻撃能力があるが、Mi-24武装ヘリには無いため、今回新たに投入されているMi-35M武装ヘリによる夜間作戦行動が行われても不思議ではないだろう。
現在ロシア連邦軍は、シリア ラタキア県のバーセル・アサド空港に基地を構え、Su-24・Su-25・Su-34による連日の激しい空爆を行っている。また空港には戦車や数々の防空システムを構えており、電子妨害システムを持ち込み欧米諸国への警戒心をむき出しにしている。空爆任務中のSu-24がトルコ空軍機に撃墜されたのを受け、S-400対空ミサイルを展開させるなど、シリアへの露骨な介入を全世界に見せつけている。

Ruptly TV 2015/12/11
Text: WT83 - FM201512

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop