NEWS

DARPA、戦術運用偵察ステーション開発計画のイラストに海自護衛艦「はるさめ (DD-102) 」の入った写真を使用

海外軍事
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency: 米国防総省国防高等研究事業局) が、戦術運用偵察ステーションの開発である「TERN (Tactically Exploited Reconnaissance Node) プログラム」に関する追加リリースを発表。その中で新たなイラストが公開された。

関連記事:
DARPA、「TERN」計画のフェイズ 2 の契約者選定を発表
公開されたイラストの中には、2011 年 6 月に広島県呉市にある海上自衛隊の基地へ向かう途中の、米海軍所属アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ラッセン (USS Lassen, DDG-82) 」 (右奥) と共に洋上を疾走する、護衛艦「はるさめ (JS Harusame, DD-102) 」 (左手前) の姿が描かれている。

TERN は、 DARPA と米海軍研究局 (U.S. Navy’s Office of Naval Research) の共同で進められている計画で、既存の船のデッキを使い、中高度長時間滞空 (MALE, medium-altitude, long-endurance) 型の無人航空機システム (Unmanned Aerial System) によるISR (インテリジェンス、監視、偵察) ミッションを行うための技術開発を目指したもの。

これにより、通常の固定翼機のように航空母艦や滑走路などを必要としない上に、有人・無人のヘリコプターよりも長距離、長時間のミッションをこなすことができるシステムが実現できる。

DARPA 2015/12/28

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop