NEWS

フランス国防調達局 (DGA)、ルノー・トラック ディフェンスに特殊部隊向け車輌 443 輌を契約

海外軍事 Comments(0)
フランス国防調達局 (DGA: Delegation Generale pour l'Armement) は 12 月 30 日、ボルボ・グループ傘下のルノー・トラック ディフェンス (RTD: Renault Trucks Defense) 社との間で、特殊部隊向け車輌の調達に関する契約を交わした。

車両のデザイン設計は、RTD の子会社で、同国のパナール (Panhard) 社と、エソンヌ・セキュリティー (Essonne Security) 社が手掛ける。調達数量は 443 両となっており、その内の 241 両が軽車輌で、残る 202 両が重車輌となっている。金額については非公表。

関連記事:
フランス国防調達局、特殊部隊向け「空飛ぶバギー」Vaylon 社製 Pegasus が評価試験中
ルノー・トラックディフェンス、Volvo傘下のパナール社買収
現在広範囲に渡って使用されている車輌については、早期のリプレイスが必要とされていた。新たな軽車輌は、パナール製の特殊偵察車両 VPS (Vehicule de Patrouille Spéciale) に代わって運用される。

リプレイス計画は陸海空三軍の特殊作戦に従事する部隊において、敵地域での戦闘や偵察、長距離作戦の実施の際に、秘匿性や相互運用性の改良、車輌パフォーマンスの向上など、現場の要求に応えたものになる。

DGA 2015/12/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop