NEWS

フランス国防調達局 (DGA)、ルノー・トラック ディフェンスに特殊部隊向け車輌 443 輌を契約

海外軍事
フランス国防調達局 (DGA: Delegation Generale pour l'Armement) は 12 月 30 日、ボルボ・グループ傘下のルノー・トラック ディフェンス (RTD: Renault Trucks Defense) 社との間で、特殊部隊向け車輌の調達に関する契約を交わした。

車両のデザイン設計は、RTD の子会社で、同国のパナール (Panhard) 社と、エソンヌ・セキュリティー (Essonne Security) 社が手掛ける。調達数量は 443 両となっており、その内の 241 両が軽車輌で、残る 202 両が重車輌となっている。金額については非公表。

関連記事:
フランス国防調達局、特殊部隊向け「空飛ぶバギー」Vaylon 社製 Pegasus が評価試験中
ルノー・トラックディフェンス、Volvo傘下のパナール社買収
現在広範囲に渡って使用されている車輌については、早期のリプレイスが必要とされていた。新たな軽車輌は、パナール製の特殊偵察車両 VPS (Vehicule de Patrouille Spéciale) に代わって運用される。

リプレイス計画は陸海空三軍の特殊作戦に従事する部隊において、敵地域での戦闘や偵察、長距離作戦の実施の際に、秘匿性や相互運用性の改良、車輌パフォーマンスの向上など、現場の要求に応えたものになる。

DGA 2015/12/30

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加
米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像
カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入
クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講
僅か 8% の兵士しか自身の携行武器に対して完全な自信を持っていない。ドイツ軍の研究機関が発表
負傷して動けない少年の救出に当たる勇敢なイラク人民兵
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加 (2016-06-24 14:46)
 米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像 (2016-06-24 13:05)
 カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入 (2016-06-23 13:16)
 クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講 (2016-06-22 18:04)
 僅か 8% の兵士しか自身の携行武器に対して完全な自信を持っていない。ドイツ軍の研究機関が発表 (2016-06-21 18:20)
 負傷して動けない少年の救出に当たる勇敢なイラク人民兵 (2016-06-21 14:14)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop