NEWS

メキシコ「麻薬王」の身柄を再確保、「ブラック・スワン作戦」に JSOC 麾下「デルタフォース」が関与か

海外軍事
メキシコ 2 大麻薬密売組織の内の 1 つ、「シナロア・カルテル (CDS: Cártel de Sinaloa) 」の最高幹部で、昨年に収監中の刑務所から脱走したホアキン・グスマン (Joaquín Guzmán, a.k.a. El Chapo, エル・チャポ) 受刑者の身柄が、激しい銃撃戦の末に再確保された。過去にも脱獄の経験を持つこの同受刑者の捕縛については、既に一般ニュースでも報じられている通りだが、海外では興味深い別のエピソードが報じられている。

関連記事:
メキシコ「麻薬戦争」でカルテルが淘汰、現在は二大勢力が生き残り

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    米国の特殊部隊情報サイト「SOFREP」は、複数の情報筋の話として、今回の作戦に米国の統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) から陸軍最精鋭部隊「デルタフォース (Delta Force) 」と、同国の法執行機関 (DEA) が関与していることを明かした。

    関連記事:
    IS 人質救出作戦で米特殊部隊「デルタフォース (Delta Force) 」隊員に犠牲者。作戦時の映像が公開

    また、SOFREP の記事をソースとして、ワシントンポストでは、昨秋発売された JSOC のシークレットに迫るシーン・ナイロー (Sean Naylor) 氏の著書「リレントレス・ストライク (Relentless Strike) 」や、1993 年 12 月 2 日に実行された「パブロ・エスコバル捕獲作戦 (Operation Heavy Shadow) 」を例にし紹介している。「オペレーション・ヘヴィーシャドー」では、電話通信の監視 ( phone surveillance) で発見されたエスコバル容疑者が、デルタフォースらの襲撃により殺害されたとされるが、元・デルタフォース隊員として長年活躍していた、ウィリアム・ジェリー・ボイキン (William "Jerry" Boykin) 退役中将が、2008 年に出版した自身の著書の中でこれを「否定」している。


    SOFREP によると、今回のグスマン受刑者に対する作戦は、メキシコ政府により「ブラック・スワン (Black Swan) 」と名付けられていたとのことで、銃撃戦の末、麻薬組織の構成員 5 名が射殺され、6 名が負傷した他、海兵隊員 1 名が負傷している。また、デルタフォースについては、直接的な作戦そのものへの参加では無く、「戦術アドバイザー」であったと言及している。

    SOFREP 2016/01/11
    Washington Post 2016/01/11

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop