NEWS

メキシコ「麻薬王」の身柄を再確保、「ブラック・スワン作戦」に JSOC 麾下「デルタフォース」が関与か

海外軍事
メキシコ 2 大麻薬密売組織の内の 1 つ、「シナロア・カルテル (CDS: Cártel de Sinaloa) 」の最高幹部で、昨年に収監中の刑務所から脱走したホアキン・グスマン (Joaquín Guzmán, a.k.a. El Chapo, エル・チャポ) 受刑者の身柄が、激しい銃撃戦の末に再確保された。過去にも脱獄の経験を持つこの同受刑者の捕縛については、既に一般ニュースでも報じられている通りだが、海外では興味深い別のエピソードが報じられている。

関連記事:
メキシコ「麻薬戦争」でカルテルが淘汰、現在は二大勢力が生き残り
米国の特殊部隊情報サイト「SOFREP」は、複数の情報筋の話として、今回の作戦に米国の統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) から陸軍最精鋭部隊「デルタフォース (Delta Force) 」と、同国の法執行機関 (DEA) が関与していることを明かした。

関連記事:
IS 人質救出作戦で米特殊部隊「デルタフォース (Delta Force) 」隊員に犠牲者。作戦時の映像が公開

また、SOFREP の記事をソースとして、ワシントンポストでは、昨秋発売された JSOC のシークレットに迫るシーン・ナイロー (Sean Naylor) 氏の著書「リレントレス・ストライク (Relentless Strike) 」や、1993 年 12 月 2 日に実行された「パブロ・エスコバル捕獲作戦 (Operation Heavy Shadow) 」を例にし紹介している。「オペレーション・ヘヴィーシャドー」では、電話通信の監視 ( phone surveillance) で発見されたエスコバル容疑者が、デルタフォースらの襲撃により殺害されたとされるが、元・デルタフォース隊員として長年活躍していた、ウィリアム・ジェリー・ボイキン (William "Jerry" Boykin) 退役中将が、2008 年に出版した自身の著書の中でこれを「否定」している。


SOFREP によると、今回のグスマン受刑者に対する作戦は、メキシコ政府により「ブラック・スワン (Black Swan) 」と名付けられていたとのことで、銃撃戦の末、麻薬組織の構成員 5 名が射殺され、6 名が負傷した他、海兵隊員 1 名が負傷している。また、デルタフォースについては、直接的な作戦そのものへの参加では無く、「戦術アドバイザー」であったと言及している。

SOFREP 2016/01/11
Washington Post 2016/01/11

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop