ASOBIBA、協業参画法人を募集。年間総利用者 10 万人を計画、欧米・アジアなど海外進出も視野に

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
サバイバルゲームフィールド事業を展開する新進気鋭の企業、ASOBIBA が、協業・参画する法人の募集を本格始動させる。創業 3 年目を迎えた同社は、1 月 13 日付プレスリリースの中で、年間の総利用者数を「10 万人」規模に見据える計画を明かした。(ちなみに、昨春同社が発表した利用者数は、「創業から約 1 年半で延べ 10 万人突破」としている)

関連記事:
ASOBIBA、創業約 1 年半で延べ利用者数は 10 万人を突破

快進撃の背景には「ミリタリー・サバイバルゲーム関連市場を支えるサバゲーブーム」があるとのことで、矢野経済研究所による資料を引き合いとして示している。そこには、「2013 年からの 2 年で市場規模が約 65 億円から約 83 億円へ成長している」ことが記されている。

また同社は、東京・大阪・名古屋・横浜の都市圏を中心とした従来の展開から、協業・参画する法人を募集することで全国エリア (北海道、東北、北信越、中四国、九州等) への進出を計画している他、北米・欧州・アジア圏といった海外エリアでの展開も視野に入れていることを明かしている。
以下リリースにて、その詳報が示されている。
サバゲーの更なる普及を目指し、フィールド開業・運営サポートサービスをASOBIBAが提供。全国より協業・参画する法人を募集開始!!
2013年からの2年で市場規模約65億円から約83億円へ成長!活気づくミリタリー・サバイバルゲーム関連市場。
株式会社ASOBIBA(代表取締役:小林肇/小谷翔一、以下ASOBIBA)は、『サバイバルゲーム』の更なる普及を目指し、2016年1月よりサバゲーフィールドの開業、運営サポートのサービス展開を全国のアミューズメント関連事業者を中心とした法人に向けて提供し、サバゲーフィールド事業に協業参画する法人を募集いたします。なお、すでに一部エリアでは具体的に協業の検討を開始しております。

■ミリタリー・サバイバルゲーム関連市場を支えるサバゲーブーム
矢野経済研究所の発表によるとミリタリー市場の市場規模は2013年が約65億円、2014年が約78億円に対し、2015年は約83億円(予想)に拡大(参照:矢野経済研究所 2014、2015クールジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究より)するなど、近年のアミューズメント市場の中でも成長著しい分野です。それを支えているのが2013年より始まったサバゲーブームであることは、2014年には国内でサバゲーフィールドが20箇所以上も増加したことからも明らかです。

そのような中ASOBIBAも2013年の創業からこれまで休眠不動産の利活用をビジネスモデルの中心に据え、延べ12店舗の直営店でのサバゲーフィールドの立ち上げ・運営によって前年比約200%の成長を遂げてまいりました。今後は直営店の運営だけでなく、これまで培ったノウハウや仕入れルートを全国のサバゲーフィールド開業を検討する事業者に提供し、サバゲーの更なる普及、市場拡大を目指します。

■創業3年目を迎えたASOBIBA&サバゲーの成長力
2013年9月に創業メンバー6名で立ち上げた「合同会社アソビバ」と「ASOBIBA八重洲店」のオープンから2年が経ち、創業3年目に当たる現在は年間総利用者10万人規模を計画しております。また、2015年は店舗の運営だけではなく、他企業の様々な作品やサービスのプロモーション、イベントを含めた連携を実現しました。

今後も「今日つくろう、明日あそぼう」をスローガンに、既存事業に留まらない、スピード感と面白さに溢れた成長やコラボレーションを推進してまいります。

■サバゲー普及を目指して全国で協業・参画する法人を募集
ASOBIBAでは、これまで直営店のみで東京・大阪・名古屋・横浜と展開を進めてきましたが、サバゲーの普及をさらに加速するため、全国エリア(北海道、東北、北信越、中四国、九州等)でサバゲーフィールド事業に協業・参画する法人を募集いたします。また、海外エリア(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア等)についても順次協議を進めていく予定です。

また、本サービスの発足に先立って昨年夏より、大手アミューズメント会社において新規ビジネス部門の長を歴任されていた栗田智康氏をASOBIBAの法人営業部長として迎えました。栗田氏はその実績と経験を持って本サービスの責任者を務める同時に、「エレクトリックガン@深夜の東京ジョイポリス(2/6実施予定)」のようなASOBIBAとセガグループなどの法人との協業を推進してまいります。

なお、すでに一部エリアについてはサバゲーフィールド事業に協業・参画を希望する法人との協議を開始しております。ASOBIBAとしても、他事業者と連携した安全な運営、安定した仕入れやメンテナンスをボリューム感持って実施していくことで、より広くサバゲーの普及を実現したいと考えております。

サバイバルゲームフィールド事業の協業・参画に関するお問い合わせ先:
株式会社ASOBIBA 担当:栗田  TEL:03-6277-5981 MAIL:info@asobiba.co.jp

■これからの展望と幹部人材の募集について
ASOBIBAは “アソビ”文化の地位向上を目指すアクティビティ分野のスタートアップ企業です。2013年の創業以降、これまでは休眠不動産の利活用をビジネスモデルとして「都心で気軽にサバイバルゲームを」を合言葉に、全国で様々なサバゲーフィールドの運営を行ってまいりました。今後、サバゲーフィールドを始めとしたアミューズメント事業やイベント事業のチェーン展開、新規事業や海外展開を計画しており、これらの新しい事業展開を担う幹部候補の人材が必要です。ASOBIBAのビジョンに共感し、スピード感を持って成長しできる人材を下記の職種で募集いたします。

【人材募集職種について】
・各種事業の出店企画、店舗運営、チェーン展開を担う直営店事業部管理職
・経営企画、広報、総務、人事、労務等を担う本部管理グループの一般職

採用に関するお問い合わせ先:
株式会社ASOBIBA 採用担当 TEL:03-6277-5981 MAIL:jinji@asobiba.co.jp


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」
サバイバルゲームの戦況を一変させるフランス製エアソフト手榴弾「アバタ―・グレネード」
「自然が戦争に勝った」樹木に飲み込まれたナチス・ドイツの「MP40」短機関銃
東京マルイ、新商品「M40A5」「KSG」のプロモーショントレーラーを公開
エアソフト 97、「熊本応援 義捐金パッチ」の販売を開始
米軍特殊部隊 御用達、国内唯一の Polaris MRZR-2 がガンショップ FIRST に納車
 リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」 (2016-05-25 14:04)
 サバイバルゲームの戦況を一変させるフランス製エアソフト手榴弾「アバタ―・グレネード」 (2016-05-23 16:43)
 「自然が戦争に勝った」樹木に飲み込まれたナチス・ドイツの「MP40」短機関銃 (2016-05-20 11:36)
 東京マルイ、新商品「M40A5」「KSG」のプロモーショントレーラーを公開 (2016-05-18 19:10)
 エアソフト 97、「熊本応援 義捐金パッチ」の販売を開始 (2016-05-17 19:24)
 米軍特殊部隊 御用達、国内唯一の Polaris MRZR-2 がガンショップ FIRST に納車 (2016-05-17 15:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop