米陸軍の射撃教官が教える「M9 ピストル」を使った射撃基礎フォームの解説映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米陸軍フォートベニング公式 YouTube チャンネルに、M9 ピストルを使った射撃基礎フォームをレクチャーする映像が公開された。

前回、ここミリブロ News で紹介し、好評だった「ライフル射撃」に続く解説映像で、アイソセレス・スタンスでの立射を例に、グリップの握り方やサポートハンドの添え方、射撃姿勢、サイティング、トリガーコントロールなど、ピストル射撃の基礎について分かり易く紹介している。ピストルの射撃フォームは、ライフルを使った際にも通じると言われるだけに、その基礎を押さえておきたいところ。

関連記事:
米陸軍の射撃教官が教える「スタンディング」「ニーリング」「プローン」射撃フォームの基礎
本映像の公開に先立ち、同チャンネルでは、M9 ピストルの取り扱い方法を紹介する映像を公開している。そこには下記 4 つの注意点と共に示されている。

1. Treat every weapon as if it is loaded.
2. Identify your target and what's beyond it before you fire.
3. Never point your firearm at anything you do not intend to shoot.
4. Keep your finger straight and off the tirgger until you intend to fire.
これらは、実銃に限らずエアソフトを使って遊ぶ際にも共通するものであり、過去にお届けしたレポートの中では次のように示している。

【エアソフトの取り扱い注意事項】
・常に弾が入っているものとして考えて取り扱う
・壊れてはいけないもの、傷つけたくないモノ(ヒト)へ決して銃口を向けない
・撃つまでトリガー(引き金)に指を掛けない
・射撃姿勢が整うまで安全装置を掛ける(戦時は別途)
・射撃する前にターゲットの前後に存在するものを意識する
(弾は貫通するものと認識し、味方への誤射、不用意な怪我を未然に防止する)

関連記事:
サバゲー スキルアップ講座、第 1 回バトルランド「コマンド・スクール」
BenningTV 2016/01/13

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注
週末はサバゲー三昧。米国のMilSimゲームの舞台は海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地内の市街地訓練場
池袋駅から徒歩5分! 新フィールド「ASOBIBA池袋店」はトレーサー戦がアツい!
ドッペルギャンガーの「モバイルサイクルトレーラー」でサバゲ用品もラクラク運搬
東京マルイ×カプコン バイオハザードのコラボ企画、サムライエッジ〈アルバート.W.モデル 01〉が4月に発売
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
 エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注 (2017-02-28 14:13)
 週末はサバゲー三昧。米国のMilSimゲームの舞台は海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地内の市街地訓練場 (2017-02-27 18:19)
 池袋駅から徒歩5分! 新フィールド「ASOBIBA池袋店」はトレーサー戦がアツい! (2017-02-24 20:14)
 ドッペルギャンガーの「モバイルサイクルトレーラー」でサバゲ用品もラクラク運搬 (2017-02-24 19:19)
 東京マルイ×カプコン バイオハザードのコラボ企画、サムライエッジ〈アルバート.W.モデル 01〉が4月に発売 (2017-02-24 15:17)
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop