NEWS

バックパックに入れて持ち運べる ロシアの小型無人戦闘ロボット「RS1A3 ミニ・レックス (Mini Rex)」

海外軍事
ロシアの武器製造メーカー「KBIS (KB Integrated Systems)」社が、バックパックに入れて持ち運べるほど小型の陸上無人戦闘ロボットを開発した。

関連記事:
ロシア、無人タンク「Uran-9」の輸出を開始

「RS1A3 ミニ・レックス (Mini Rex)」は、カスタムビルトのスナイパーライフルを手掛けるロバエフ・アームズ (Lobaev Arms) のロボット部門「ロバエフ・ロボティックス (Lobaev Robotics)」がそのデザインを設計。捜索・救難任務や、カウンターテロ、市街戦下での火力支援といった利用が想定されている。

関連記事:
フランス軍のスナイパーが世界最長距離「3,695 メートル」のターゲット射撃に成功
本体重量は約 23 キログラム。1 回の充電に付きドライビングモードで 2 時間、偵察モードで最大 15 時間の操作が可能。映像に示されている通り、不整地は勿論、階段ですらも難無く移動でき、無言の内に悪党らターゲットを追い詰める。

エイミング用カメラ 1 台の他、360 度全周を監視できる 4 台のカメラを搭載。最大 24 倍ズームでの確認を可能とし、レーザースキャナーの搭載も謳われている。


Capture screen: RS1A3 Mini Rex
武装は基本パッケージに 7.62х39mm の火力を備えており、9х39mm、338LW、40LW にも対応。セミオート、フルオートでの切り替えができる。ロボットアームによって、低い姿勢で敵監視の目を反らすことができる一方で、アームを起こして高い位置にある窓からターゲットを狙い撃つことや、バリケード越しの射撃も可能となる。

IP68 規格に準拠しており、完全な防塵構造で水面下での使用が可能。メーカーでは 1 メートルの水没にも耐え得るとしている。

Lobaev 2016/01/18
RS1A3 Mini Rex / KBIS

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop