ウィンチェスター社創設150周年

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
2016年は、ウィンチェスター社創設150年の節目の年である。創設者オリバー・フィッシャー・ウィンチェスターは、レバーアクション・ライフルで大成功を収め、「産業帝国」を築き上げた人物であった。

オリバー・ウィンチェスターは、1810年のボストンに誕生した。紳士用シャツメーカーに就職し働いていた彼は、銃器産業が急成長を遂げているのを目の当たりにする。そして、投資家を募ってベンチャーキャピタルを確保。1857年、スミス・アンド・ウェッソン社創設者である、ホーレス・スミスと、ダニエル・ウェッソンからボルカニック・リピーティング・アームズ社の株式を購入し、同社の支配的利権を得るのであった。

その後、ウィンチェスターは発明家のベンジャミン・テイラー・ヘンリーと、ネルソン・キングと共に、1866年5月22日、ウィンチェスター・リピーティング・アームズ社を創設。それからの14年間、彼はレバーアクション・ライフルの新しい市場を開拓するために駆けずり回った。当時は西部開拓時代であり、またヨーロッパでは戦禍のさなかである。彼のライフルの需要は十分に存在していた。

オリバー・ウィンチェスターは政治活動の場でも活躍し、コネチカット州ニューヘイブンで委員を務めている。そこでは、コネチカット州知事の大統領選挙の選挙人も務めた。しかし、やがて病にかかったオリバーは、1880年12月11日、コネチカット州ニューヘイブンで息を引き取る。ウィンチェスター社の後継者として、彼の息子であるウィリアム・ヴィルト・ウィンチェスターに受け継がれる予定であったが、不幸にもウィリアムは結核を患い、ウィンチェスター社を引き継ぐことなく、この世を去るのであった。
ウィンチェスターM1876センチネル・ライフルは、ダコタ地域で牧牛場を経営していた若きセオドア・ローズベルト(後の第26代アメリカ合衆国大統領)のお気に入りであった。1885年に彼はこう書いている。

「ウィンチェスターは、恐らく私がこれまで所有したなかでベスト・ウェポンだ。今ではもっぱらこればかり使用している」

1898年、キューバー独立運動にアメリカが介入し端を発した米西戦争を切っ掛けに、ローズベルトは急速に名声を上げる。1900年に副大統領に選出されるが、翌1901年、ウィリアム・マッキンリー大統領が暗殺さた結果、ローズベルは大統領に就任した。

1909年の大統領退任後は、息子と乗船しアフリカでサファリを楽しみ、荷物の中には15丁の真新しいウィンチェスター・ライフルと、ウィンチェスター製の弾薬が収められていた。

2009年、ローズベルトのサファリから100周年を記念したウィンチェスターM1895スペシャルパッケージが発売された。ローズベルトのサインが刻まれ、その美しい装飾入りのライフルの口径は、彼が愛用した.405ウィンチェスターであった。

1866-2016. 150 Years of Winchester.
Winchester's Historical Timeline 1860-1899
Text: ポル - FM201601

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
熊本応援プロジェクト、全額寄付の義捐金パッチ第二弾が始動
ヘッケラー&コッホ、米国法人で新製品開発などを手掛けるデザインエンジニアを募集
イスラエル製の弾薬供給ソリューション「プライム・マンパック (Prime Man-Pack) 」
持ち運び・取り回しに便利な「折り畳み式」サプレッサーマウント
この秋にピッタリなバイオハザードグッズ各種の発売が決定
バーサーカー・エアソフトがドル紙幣コラージュを使って「BNVD31」の価格を発表。8 月末にデリバリー開始
 熊本応援プロジェクト、全額寄付の義捐金パッチ第二弾が始動 (2016-06-29 17:49)
 ヘッケラー&コッホ、米国法人で新製品開発などを手掛けるデザインエンジニアを募集 (2016-06-23 17:04)
 イスラエル製の弾薬供給ソリューション「プライム・マンパック (Prime Man-Pack) 」 (2016-06-22 15:48)
 持ち運び・取り回しに便利な「折り畳み式」サプレッサーマウント (2016-06-22 13:44)
 この秋にピッタリなバイオハザードグッズ各種の発売が決定 (2016-06-21 19:16)
 バーサーカー・エアソフトがドル紙幣コラージュを使って「BNVD31」の価格を発表。8 月末にデリバリー開始 (2016-06-20 13:35)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop