NEWS

米海兵隊特殊部隊 (MARSOC) に初の女性精鋭隊員 (CSO) 誕生なるか?評価選定が開始に

海外軍事

Photo: By Pfc. Eric Keenan
Image is for illustration purposes only.
「全ての戦闘任務を女性兵士にも解禁する」。
昨年 12 月 3 日におこなわれた、アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官による革新的な発表から数週間後、海兵隊の特殊作戦部隊の扉を叩く女性隊員が現れ始めている。

関連記事:
米陸軍レンジャースクールで女性 2 人が史上初の卒業。海軍特殊部隊 SEALs でも女性に門戸開放を検討

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    MARSOC (Marine Corps Special Operations Command) 司令官であるジョセフ・オスターマン (Joseph L. Osterman) 海兵隊少将によると、既に複数名の女性海兵隊員から「精鋭隊員 (MARSOC では特に「CSO (Critical Skills Operator) 」と呼ぶ) になりたい」との申し出があり、評価と選定 (A&S: Assessment and Selection) の訓練フェーズに入っていると云う。

    志願する海兵隊員は、熟練の伍長または軍曹、もしくは中尉、大尉でなければならず、医療審査や水泳を含めた各種の体力試験を確実にクリアしていなければならない。そこには、男女の性差に関係無く、基準を満たすことが真っ先に求められている。

    評価選定フェーズは始まったばかりで、その後、9 ヶ月に及ぶ訓練フェーズへ突入していくことになる。体力・精神力の両面で厳しい課程はもちろんのこと、SERE (Survival, Evasion, Resistance and Escape = 生存・回避・抵抗・脱出) 課程を通じて、精鋭隊員「CSO」となる為の基礎を学ぶ。

    オスターマン司令官曰く、志願者の 40% ほどが厳しい訓練課程 (pipeline) を通過し、晴れて精鋭隊員「CSO」になる。

    これら立ち塞がる困難な過程を経て、MARSOC 初の女性 CSO 誕生なるか、そう遠くない将来にその結果が明らかになる。

    Military.com 2016/01/20

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop