NEWS

FN社の小火器を称えた動画公開

海外軍事
YoutubeのFNH USA公式チャンネルは、FN社が生み出した小火器を称える動画を公開した。
動画では、ベルギーのFN社を成功に導いたアメリカの銃器発明家ジョン・モーゼス・ブローニングのDNAを受け継ぎ、職人の手によって次の世代へと継承されつづけた同社の小火器は、数々の戦場で勇敢な兵士達と共に戦い続けたとし、「世界で最もバトルプルーフされた小火器」と称えている。

また、BAR、FN FAL、M2マデュース、M240ブラボー、M249SAW、P90、ファイブセブン、SCARといった同社の小火器を、画像や映像と共に紹介し、信頼性のあるこれらの小火器は、戦場からホームディフェンスまで、あらゆる環境下で活躍していると伝えている。

FN America 2016/01/19
Text: ポル - FM201601

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加
米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像
カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入
クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講
僅か 8% の兵士しか自身の携行武器に対して完全な自信を持っていない。ドイツ軍の研究機関が発表
負傷して動けない少年の救出に当たる勇敢なイラク人民兵
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 フランスのバイアスロン選手が特殊部隊 (13e RDP) の訓練に参加 (2016-06-24 14:46)
 米海兵隊特殊部隊 MARSOC 隊員が参加した車輌運転&射撃訓練コース映像 (2016-06-24 13:05)
 カラシニコフによる近代化改修版のドラグノフ狙撃銃「SVDM」がロシア国防省に納入 (2016-06-23 13:16)
 クリス・コスタ氏、ポーランド警察中央調査局 (CBŚP) でタクトレスクールを開講 (2016-06-22 18:04)
 僅か 8% の兵士しか自身の携行武器に対して完全な自信を持っていない。ドイツ軍の研究機関が発表 (2016-06-21 18:20)
 負傷して動けない少年の救出に当たる勇敢なイラク人民兵 (2016-06-21 14:14)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop