NEWS

パラシュート降下訓練で死亡した米海軍特殊部隊 (ST6) 隊員は降下直後の「気絶」が事故原因と結論

海外軍事

Photo: U. S. Air Force photo/Staff Sgt. Brian Ferguson
Image is for illustration purposes only.
昨年 1 月 10 日にフロリダ州デランドで起きた、米海軍の精鋭隊員によるパラシュート降下訓練中の死亡事故について、当局による調査報告がおこなわれた。

訓練に参加していた ST6 (SEAL Team 6) の ウィリアム・ブレイク・マーストン (William Blake Marston) 一等兵曹 (E-6) (享年 31 歳) は、航空機から飛び出した後に意識を失ったこと (ブラックアウト) が事故の原因と結論付けられている。また、マーストン氏のメインパラシュートは、コンディションが良好であったにも関わらず開かれなかったことが言及されているが、なぜ「ブラックアウト」してしまったのか、その根本的な原因については不明のまま。(証言者によると、マーストン氏はパラシュートを開傘させるハンドルを握っていなかった)

一方で、軍用自由降下 (military free-fall parachute jump) の実施に要求される証明書が、マーストン氏のものは 2014 年 3 月付で失効していたことも明かされており、本来マーストン氏は、航空機に搭乗しこの訓練に参加すべきでは無かったとする結論も併せて提出されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    U. S. Air Force photo/Staff Sgt. Brian Ferguson
    Image is for illustration purposes only.
    訓練当日、マーストン氏を乗せた航空機は、高度 5,000 フィート (=約 1,500 メートル) に上昇。降下ポイントから飛び出した後、およそ 5 秒後にパラシュートを開こうとしたが開かず、その 10 秒後には意識を失い、更にその 15 秒後に地面に叩きつけられている。(飛び出しから着地まで約 30 秒)

    バージニアビーチ在住のマーストン氏は、海軍特殊戦開発グループ「デブグル (DevGru: Naval Special Warfare Development Group) 」のメンバー。6 年に渡る SEAL でのキャリアの中で延べ 120 回以上の降下経験を持ち、スカイダイバーとしては平均以上と考えられていた。

    マーストン氏の追悼サイトによると、マーストン氏は、マサチューセッツ州ノース・イーストンのストーンヒル大学で野球に打ち込んでいたところをリクルートされ、大学卒業後に海軍へ入隊。その後、SEALs 基礎水中爆破訓練 (Basic Underwater Demolition/SEAL、BUD/S) に挑戦し、Class 273 で一連の過程を経てトライデントを取得。バージニアビーチの SEAL チームへ配属されている。

    マーストン氏の配属された SEAL Team 4 は、不朽の自由作戦 (OEF: Operation Enduring Freedom) 支援の為、2 度に渡ってアフガニスタンに展開している。

    2014 年 2 月、マーストン氏は DevGru への過酷な選抜訓練課程へ挑戦し、戦術開発と評価戦隊 (Tactical Development and Evaluation Squadron) に配属されている。

    マーストン氏が軍歴の中で授与された各章等は以下の通り。

    ・統合任務功績章 (Joint Service Commendation Medal)
    ・戦闘功労付き海軍・海兵隊称揚章 (Navy and Marine Corps Commendation Medals with Combat “V”)
    ・陸軍称揚章 (Army Commendation Medal)
    ・戦闘行動章 (Combat Action Ribbon)
    ・大統領殊勲部隊章 (Presidential Unit Citation)
    ・青銅星付き善行章 (Good Conduct Medal with Bronze Star)
    ・国防従軍記章 (National Defense Service Medal)
    ・アフガニスタン従軍章略綬 (Afghanistan Campaign Medal)
    ・対テロ戦争従軍記章 (Global War on Terrorism Expeditionary Medal)
    ・対テロ戦争派遣章 (Global War on Terrorism Service Medal)
    ・青銅星付き海軍海外勤務章 (Sea Service Deployment Ribbon with Bronze Star)
    ・NATO 記章 (NATO Medal)
    ・海軍ライフル射撃優秀章 (Navy Expert Rifle Ribbon)
    ・海軍ピストル射撃優秀章 (Navy Expert Rifle Ribbon)

    Pilot Online 2016/01/23
    William Blake Marston memorial page

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop