NEWS

メルセデス・ベンツが軽装甲パトロール車両「LAPV 6.1」の寒冷地試験を実施。ドイツ陸軍特殊部隊へデリバリー予定

海外軍事
メルセデス・ベンツが、新たな軽装甲パトロール車両「LAPV (Light Armoured Patrol Vehicle) 6.1」を開発し、そのプロトタイプが寒冷地試験に供されていることが、ドイツの自動車情報専門サイト Auto Motor und Sport によって伝えられた。写真からは、試験がおこなわれたのはスウェーデン北部のアリエプローグと考えられている。

LAPV シリーズはドイツ企業のダイムラー (Daimler) 社と ACS 社 (Armoured Car Systems GmbH) との間で 2006 年より開発が進められている。2008 年には、メルセデス・ベンツ G280 CDI をベースに、最初の装甲車両 LAPV I (後の「LAPV 5.4」。数値は車重のトン数に由来) が開発され、ドイツ連邦軍の「装甲指揮及び派生型車両 (GFF: Geschutzte Fuhrungs und Funktionsfahrzeug) 」の入札に参加している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    LAPV 6.1 は、ベンツ・オフローダー「G クラス」の「G500 4×4」をベース車両として開発されたもので、マッシブでハードな仕上がりとなったその外観が印象的。

    関連記事:
    軍用技術を転用、ベンツ最強オフロード車輌「G 63 AMG 6×6」8,000万円で限定発売
    ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開

    前述の Auto Motor und Sport によると、2015 年にドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が、LAPV 6.1 × 49 輌の発注をおこなっていることを伝えており、2017 年末までにデリバリーを終え、陸軍特殊部隊 (KSK, Kommando Spezialkräfte) に送られるとしている。

    Auto Motor und Sport 2016/01/22

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop