NEWS

メルセデス・ベンツが軽装甲パトロール車両「LAPV 6.1」の寒冷地試験を実施。ドイツ陸軍特殊部隊へデリバリー予定

海外軍事
メルセデス・ベンツが、新たな軽装甲パトロール車両「LAPV (Light Armoured Patrol Vehicle) 6.1」を開発し、そのプロトタイプが寒冷地試験に供されていることが、ドイツの自動車情報専門サイト Auto Motor und Sport によって伝えられた。写真からは、試験がおこなわれたのはスウェーデン北部のアリエプローグと考えられている。

LAPV シリーズはドイツ企業のダイムラー (Daimler) 社と ACS 社 (Armoured Car Systems GmbH) との間で 2006 年より開発が進められている。2008 年には、メルセデス・ベンツ G280 CDI をベースに、最初の装甲車両 LAPV I (後の「LAPV 5.4」。数値は車重のトン数に由来) が開発され、ドイツ連邦軍の「装甲指揮及び派生型車両 (GFF: Geschutzte Fuhrungs und Funktionsfahrzeug) 」の入札に参加している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    LAPV 6.1 は、ベンツ・オフローダー「G クラス」の「G500 4×4」をベース車両として開発されたもので、マッシブでハードな仕上がりとなったその外観が印象的。

    関連記事:
    軍用技術を転用、ベンツ最強オフロード車輌「G 63 AMG 6×6」8,000万円で限定発売
    ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開

    前述の Auto Motor und Sport によると、2015 年にドイツ連邦軍 (Bundeswehr) が、LAPV 6.1 × 49 輌の発注をおこなっていることを伝えており、2017 年末までにデリバリーを終え、陸軍特殊部隊 (KSK, Kommando Spezialkräfte) に送られるとしている。

    Auto Motor und Sport 2016/01/22

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop