NEWS

「ダーイッシュ (IS) 掃討作戦に参加したい」英陸軍特殊部隊「SAS」ベテランによる再入隊希望が続出

海外軍事

Photo: SAS Land Rover via Wikimedia Commons
Image is for illustration purposes only.
パリ同時多発テロ事件の発生以降、ダーイッシュ (IS, Islamic State, ISIS, ISIL) のテロ攻撃から自国民を護りたいとして、英陸軍特殊部隊 SAS (Special Air Service) 経験者らによる再入隊が相次いでいる。

ヘレフォード (Hereford) にある SAS の連隊司令部には、最大 60 名の再入隊希望が寄せられている。その内 30 名ほどは再入隊を果たしており、残りはスタンバイ状態にあるとのこと。彼らの中には、イラクやアフガンでおこなわれた多くのトップシークレット作戦に参加した歴戦の猛者が含まれている。

現役の SAS 隊員は既にダーイッシュ掃討を目指した特殊作戦の為、シリアやイラク、リビアへ展開しているが、再入隊者も同じくこれら地域での参加を希望している。また、厳戒体制の中で、こうした対テロの精鋭隊員らが一般車両に乗り込んで、ロンドン市内の通りを巡回しているという。
デーヴィッド・キャメロン (David Cameron) 英首相は昨年 11 月に、テロ対策を主軸とした新たな防衛支出計画について言及。その中で、SAS や海兵隊 SBS (Special Boat Service, 海兵隊特殊舟艇部隊) に代表される特殊作戦部隊に対して、今後 5 年間において 20 億ポンド (=約 3,754 億円) の予算を支出することを明かした。これら追加予算は、英国内外における秘密裏の作戦にも投入される。

関連記事:
英軍特殊部隊「SAS」が女性伝統衣装「ブルカ」を着用してダーイッシュ (IS) の本拠地ラッカ襲撃作戦を決行
英国の特殊部隊が IS・テロとの戦いに備え、3,700 億円超の装備拡充の為の追加予算を獲得

英紙ミラーによると、先行して少数の部隊が潜入しているリビアで、大規模な特殊部隊の展開が水面下で進行しているとのこと。

Mirror 2016/02/02

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop