米航空宇宙局 (NASA) が撮影した火星探査の写真に「GLOCK ピストル」が写り込み話題に

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米航空宇宙局 (NASA: National Aeronautics and Space Administration) の ジェット推進研究所 (JPL: Jet Propulsion Laboratory) が撮影した火星探査の写真に、あるべきはずのない「ピストル」の姿が映り込み、大きな話題になっている。

衝撃の一報は 2 月 14 日、UFO 研究をしているハンドルネーム Streetcap1 氏が自身の YouTube チャンネルで紹介した。

関連記事:
46 億年前の「隕石」から造った 1911 ピストルがオークションに。落札予想は最大で 1 億 2,000 万円

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    写真は NASA が 2014 年 9 月に、火星探査車マーズ・オポチュニティ・ローバー (Mars Opportunity Rover) を使って撮影したもので、撮影地点は「sol 3773」と呼ばれる「Edgecumbe 山」と「Wdowiak 尾根」に挟まれた場所付近とされる。ピストルが映り込んだ写真は、低画質のものと高画質のものと合せて 4 枚。修正は加えられていないとされる。

    写真からは、ピストルの全長は 1 フィート (=約 30 センチメートル) 程と推計され、その外観からはオーストリア製 Glock ピストルと考えられている。

    UFO 情報を掲載している UFO Sightings Daily の著者は、「NASA が火星探査車を送り込んだのは、宇宙人の技術を見付け出して精査し、追ってその技術を回収する可能性を導き出す為だと思う」としている。

    UFO Sightings Daily 2016/02/16

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある
    CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告
    カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
     あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある (2017-12-15 11:56)
     CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告 (2017-12-15 11:19)
     カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始 (2017-12-15 11:11)
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop