米航空宇宙局 (NASA) が撮影した火星探査の写真に「GLOCK ピストル」が写り込み話題に

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米航空宇宙局 (NASA: National Aeronautics and Space Administration) の ジェット推進研究所 (JPL: Jet Propulsion Laboratory) が撮影した火星探査の写真に、あるべきはずのない「ピストル」の姿が映り込み、大きな話題になっている。

衝撃の一報は 2 月 14 日、UFO 研究をしているハンドルネーム Streetcap1 氏が自身の YouTube チャンネルで紹介した。

関連記事:
46 億年前の「隕石」から造った 1911 ピストルがオークションに。落札予想は最大で 1 億 2,000 万円
写真は NASA が 2014 年 9 月に、火星探査車マーズ・オポチュニティ・ローバー (Mars Opportunity Rover) を使って撮影したもので、撮影地点は「sol 3773」と呼ばれる「Edgecumbe 山」と「Wdowiak 尾根」に挟まれた場所付近とされる。ピストルが映り込んだ写真は、低画質のものと高画質のものと合せて 4 枚。修正は加えられていないとされる。

写真からは、ピストルの全長は 1 フィート (=約 30 センチメートル) 程と推計され、その外観からはオーストリア製 Glock ピストルと考えられている。

UFO 情報を掲載している UFO Sightings Daily の著者は、「NASA が火星探査車を送り込んだのは、宇宙人の技術を見付け出して精査し、追ってその技術を回収する可能性を導き出す為だと思う」としている。

UFO Sightings Daily 2016/02/16

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注
週末はサバゲー三昧。米国のMilSimゲームの舞台は海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地内の市街地訓練場
池袋駅から徒歩5分! 新フィールド「ASOBIBA池袋店」はトレーサー戦がアツい!
ドッペルギャンガーの「モバイルサイクルトレーラー」でサバゲ用品もラクラク運搬
東京マルイ×カプコン バイオハザードのコラボ企画、サムライエッジ〈アルバート.W.モデル 01〉が4月に発売
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
 エアソフト用途をルーツに持つDEVTAC JapanのヘルメットがIDEX2017に出展。各国特殊部隊が試験用途に発注 (2017-02-28 14:13)
 週末はサバゲー三昧。米国のMilSimゲームの舞台は海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地内の市街地訓練場 (2017-02-27 18:19)
 池袋駅から徒歩5分! 新フィールド「ASOBIBA池袋店」はトレーサー戦がアツい! (2017-02-24 20:14)
 ドッペルギャンガーの「モバイルサイクルトレーラー」でサバゲ用品もラクラク運搬 (2017-02-24 19:19)
 東京マルイ×カプコン バイオハザードのコラボ企画、サムライエッジ〈アルバート.W.モデル 01〉が4月に発売 (2017-02-24 15:17)
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop