ホームディフェンス用エアピストル「SALT」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
アメリカのサルト・サプライ社は、ホームディフェンス用ピストル「SALT」を開発している。

アメリカではホームディフェンス用の武器として銃を所有している家庭が少なくないが、子供のいる家庭では安全面で不安があるのも事実だ。親が銃を隠していても、子供は簡単にそれを見つけてしまい、誤って暴発させ死傷に至るケースが後を絶たない。
しかし、一方で鍵の掛かるガンロッカーに銃を厳重に保管すると、暴漢が押し入った際に素早く銃を取り出すことが困難になるというジレンマが存在する。

そこで、この点に着目したサルト・サプライ社はCO2ガスを利用して刺激物質を内包した弾丸を発射するエアピストルを開発した。

関連記事:
ハエ退治用「塩ショットガン」、Bug-A-Salt
よりパワフルで弾 (塩) の消費を抑えた「BUG-A-SALT 2.0 CAMOFLY」の資金調達キャンペーンが再始動

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Thanks to Uncrate for supporting us by sharing our product with their followers and helping to make the world a little safer.

    Posted by Salt Supply on 2015年11月5日
    使用する弾丸は粉末状のトウガラシ成分をカプセル内に収めており、着弾時の衝撃により中の粉末が空気中に飛散する構造だ。

    銃を使用した場合、命中させなければ効果は得られないが、SALTの弾丸は壁に着弾するなどといった至近弾でも効果があるとしており、命中に至らなくとも射手と暴漢との間に刺激物質のバリアを形成できるという。

    同社によれば、使用している刺激物質の安全性は米軍の他、多くの法執行機関で確認されており、眼や肺などに長期に渡る障害は残らないという。

    アメリカではスマートガンなど「銃の代替となりうる新技術」に対して「銃を新商品に置き換えることで、銃を持つ権利を侵害しようとしているのではないか?」と疑念を持つ声があるが、同社はこれを否定しており、「銃はベストの選択ではないと考える人々の安全をサポートする目的がある」と話している。

    SALTにはアンダーレイルが備わっており、レーザーサイトやウェポンライトといったアクセサリーを装着することが可能。SALT1丁の価格は349.99ドル(約4万円)で、本体の他、SALT弾10発、練習用弾10発、CO2ガスシリンダー2個がセットとなっている。

    Text: ポル - FM201602

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある
    CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告
    カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
     あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある (2017-12-15 11:56)
     CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告 (2017-12-15 11:19)
     カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始 (2017-12-15 11:11)
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop