NEWS

ロシアが独自に開発したティルトローター型 UAV が初飛行

海外軍事

Photo: via Rostec
ヘリコプターの設計・製造を行っているロシア航空機メーカーであるロシアン・ヘリコプターズは2016年2月17日、ティルトローター型UAVの飛行試験を行ったと報告した。

このティルトローター型UAVはロシアン・ヘリコプターズのプロジェクトの一環として進められており、政府関係者や石油・ガス会社の関心が示している模様である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    このティルトローター型UAVはロシアン・ヘリコプターズの子会社であるVR-Technologies社で開発され、同社最高経営責任者Alexander Okhonko氏は「このユニークな航空機の開発は2015年から開始されおり、私達は大きな成果を達成している、すでに飛行試験の第一段階を開始している。」と発言した。

    Russian Helicopters 2016/02/17
    Text: WT83 - FM201602

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop