NEWS

ロシアが独自に開発したティルトローター型 UAV が初飛行

海外軍事

Photo: via Rostec
ヘリコプターの設計・製造を行っているロシア航空機メーカーであるロシアン・ヘリコプターズは2016年2月17日、ティルトローター型UAVの飛行試験を行ったと報告した。

このティルトローター型UAVはロシアン・ヘリコプターズのプロジェクトの一環として進められており、政府関係者や石油・ガス会社の関心が示している模様である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    このティルトローター型UAVはロシアン・ヘリコプターズの子会社であるVR-Technologies社で開発され、同社最高経営責任者Alexander Okhonko氏は「このユニークな航空機の開発は2015年から開始されおり、私達は大きな成果を達成している、すでに飛行試験の第一段階を開始している。」と発言した。

    Russian Helicopters 2016/02/17
    Text: WT83 - FM201602

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像
    ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)
     米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像 (2017-10-13 13:26)
     ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進 (2017-10-13 12:28)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop