NEWS

米特殊作戦軍 (SOCOM) 新司令官にレンジャー、デルタフォースで指揮経験を持つトーマス陸軍中将が任命

海外軍事

Photo: General Joseph L. Votel (L) / Lt. Gen. Raymond T. Thomas (R)
U.S. Army photo by Monica King/Released
アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官は 2 月 29 日、レイモンド・トーマス (Raymond "Tony" Thomas) 陸軍中将を、ジョセフ・ヴォーテル (Joseph Votel) 陸軍大将から代わって特殊作戦軍 (U.S. SOCOM) の新司令官に任命する人事発表をおこなった。

関連記事:
米特殊作戦軍 (USSOCOM) の司令官が交代

トーマス中将は現在、SOCOM 隷下のサブコマンドの 1 つで、陸軍・海軍の最精鋭部隊であるデルタフォースや ST6 (Seal Team 6, a.k.a. DevGru) を運用している「統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) 」を率いている。フロリダ州タンパのマクディル空軍基地 (MacDill Air Force Base) で指揮を執る。

一方の、SOCOM を離れることになったヴォーテル大将は、中央軍 (USCENTCOM: United States Central Command) での指揮を執ることになる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    トーマス氏は、1980 年にニューヨーク州ウェストポイントの陸軍士官学校を卒業。陸軍特殊部隊の登竜門であるレンジャーへキャリアを進め、2001 年 9 月 11 日に起きた米国同時多発テロ事件以降、アフガニスタンでは 12 年近くを過ごしている。レンジャーの他、最精鋭デルタフォースでの指揮を経験している。

    AP 2016/03/01

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop