NEWS

米特殊作戦軍 (SOCOM) 新司令官にレンジャー、デルタフォースで指揮経験を持つトーマス陸軍中将が任命

海外軍事

Photo: General Joseph L. Votel (L) / Lt. Gen. Raymond T. Thomas (R)
U.S. Army photo by Monica King/Released
アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官は 2 月 29 日、レイモンド・トーマス (Raymond "Tony" Thomas) 陸軍中将を、ジョセフ・ヴォーテル (Joseph Votel) 陸軍大将から代わって特殊作戦軍 (U.S. SOCOM) の新司令官に任命する人事発表をおこなった。

関連記事:
米特殊作戦軍 (USSOCOM) の司令官が交代

トーマス中将は現在、SOCOM 隷下のサブコマンドの 1 つで、陸軍・海軍の最精鋭部隊であるデルタフォースや ST6 (Seal Team 6, a.k.a. DevGru) を運用している「統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) 」を率いている。フロリダ州タンパのマクディル空軍基地 (MacDill Air Force Base) で指揮を執る。

一方の、SOCOM を離れることになったヴォーテル大将は、中央軍 (USCENTCOM: United States Central Command) での指揮を執ることになる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    トーマス氏は、1980 年にニューヨーク州ウェストポイントの陸軍士官学校を卒業。陸軍特殊部隊の登竜門であるレンジャーへキャリアを進め、2001 年 9 月 11 日に起きた米国同時多発テロ事件以降、アフガニスタンでは 12 年近くを過ごしている。レンジャーの他、最精鋭デルタフォースでの指揮を経験している。

    AP 2016/03/01

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop