NEWS

米特殊作戦軍 (SOCOM) 新司令官にレンジャー、デルタフォースで指揮経験を持つトーマス陸軍中将が任命

海外軍事

Photo: General Joseph L. Votel (L) / Lt. Gen. Raymond T. Thomas (R)
U.S. Army photo by Monica King/Released
アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官は 2 月 29 日、レイモンド・トーマス (Raymond "Tony" Thomas) 陸軍中将を、ジョセフ・ヴォーテル (Joseph Votel) 陸軍大将から代わって特殊作戦軍 (U.S. SOCOM) の新司令官に任命する人事発表をおこなった。

関連記事:
米特殊作戦軍 (USSOCOM) の司令官が交代

トーマス中将は現在、SOCOM 隷下のサブコマンドの 1 つで、陸軍・海軍の最精鋭部隊であるデルタフォースや ST6 (Seal Team 6, a.k.a. DevGru) を運用している「統合特殊作戦コマンド (JSOC: Joint Special Operations Command) 」を率いている。フロリダ州タンパのマクディル空軍基地 (MacDill Air Force Base) で指揮を執る。

一方の、SOCOM を離れることになったヴォーテル大将は、中央軍 (USCENTCOM: United States Central Command) での指揮を執ることになる。
トーマス氏は、1980 年にニューヨーク州ウェストポイントの陸軍士官学校を卒業。陸軍特殊部隊の登竜門であるレンジャーへキャリアを進め、2001 年 9 月 11 日に起きた米国同時多発テロ事件以降、アフガニスタンでは 12 年近くを過ごしている。レンジャーの他、最精鋭デルタフォースでの指揮を経験している。

AP 2016/03/01

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
ブラックウォーター創設者エリク・プリンス氏が中国企業支援の為、雲南省と新疆ウィグル自治区に新拠点の開設を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 ブラックウォーター創設者エリク・プリンス氏が中国企業支援の為、雲南省と新疆ウィグル自治区に新拠点の開設を計画 (2017-03-23 13:03)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop