NEWS

米軍特殊部隊による電光石火の襲撃作戦でダーイッシュ (IS) のトップ司令官が初めて「生け捕り」に

海外軍事

Photo: capture screen
Image is for illustration purposes only.
CNN は 1 日、陸軍最精鋭の特殊部隊として知られるデルタフォース (1st SFOD-D) が、イラクで活動を続けるダーイッシュ (IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 掃討を狙った作戦を展開していることを伝えた。デルタフォースが狙うは、「HVT (High-Value Targets) 」と呼ばれる五指に余るほど (half-dozen) しかいないダーイッシュのトップ幹部たち。

関連記事:
IS 人質救出作戦で米特殊部隊「デルタフォース (Delta Force) 」隊員に犠牲者。作戦時の映像が公開
米当局筋は 2 日、メディアのインタビューに対して「米軍の特殊部隊チームが 2 月末にイラクでおこなった襲撃作戦で、ダーイッシュの重要人物を捕縛した」と伝えている。米紙各紙によると、この人物は、他のダーイッシュ工作員に繋がり得る有益な情報を持っているとみられ、現在もイラク北部アルビル (Arbil) にある拘束施設で尋問がおこなわれている。最終的には、イラクまたはクルド当局に身柄が引き渡される見込み。

英紙では今回の襲撃作戦を「電光石火の急襲作戦」と見出し、「ダーイッシュのトップ司令官の内の 1 人が生け捕り」「ダーイッシュのトップ司令官を生きたまま捕らえた事例は初めて」と報じている。

国防総省のピーター・クック (Peter Cook) 報道官は、事実確認を否定しているが、新たに結成されたタスクフォースの目的にダーイッシュ幹部らの捕縛が含まれていることを認めている。

アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官は数ヶ月前に、敵の支配下に落ちた地域でも密かに侵入して作戦を成功に導く為の高い錬度を持つ、デルタフォースを中心とした精鋭部隊 200 名ほどの派兵 (ETF: Expeditionary Targeting Force) を発表している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop